aemono

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

日本一早い日の出を眺めるのに、ちょうどいいベンチ。

2018.12.02 Sunday

0

    昨日、嬉しい写真が届きました。

     

     

    千葉県銚子市犬吠崎から。

     

     

     

     

    篠崎弘之建築設計事務所・辻川巧さんが撮影。

     

     

     

    篠崎弘之建築設計事務所が改装設計をしている『犬吠テラステラス』は、

    犬吠埼地域活性化、観光振興、地域の情報発信のための施設。

    https://inubow-tt.com/

     

     

     

     

    その中で、日の出や夕日を眺めるためにとBENCH2016を選定くださいました。

     

     

    建築の腰壁とベンチの高さがぴったり一緒。

    だから、このベンチにゴロンと寝転んで外を眺めたら、

    目の前の海一面に広がる朝日を眺める事が出来るかな。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    BENCH2016のデザインを担当してくださった建築家・坂本一成さん

     

     

     

     

     

    製作を担当してくださったイノウエインダストリィズ 今村さん

     

     

    こんな風に使っていただけるなんて嬉しいですね!

     

     

     

     

     

    犬吠テラステラスでは、地元で採れた野菜などの産直マーケットも開催されるそうです。

    春が来たら行ってみたいっ。

     

     

    ご報告でした。

     

     

     

     

     

     

     

    【後日メッセージ。建築家 坂本一成さん、篠崎弘之さんより】

     

    神 梓 様

     

    BENCH 2016 が銚子に納入されたとのこと、ご苦労さまでした。

     

    篠崎弘之さん設計の犬吠テラステラスとのことで、良いところに納めて頂きました。

    写真を拝見して篠崎さんの空間との相性が良いことを感じ、嬉しく思いました。

    機会があれば、篠崎さんにも宜しくお伝えください。

    ありがとうございました。

     

    坂本一成

     

    ----------------------------------------------------------------------------------------

     

     

    神さん

     

    お世話になっております。

     

    下記、坂本さんからのメッセージ、とても嬉しく、うちのWEBニュースにも挙げさせていただきました。

     

    http://www.shnzk.com/news/?p=2083

     

    やっぱりとても精度の高いデザインと製作で、ありがとうございます。

     

    犬吠岬は、元旦の初日の出だけで5万人ほど集まるようで、これから何十万人もの人たちがBENCH2016に座って

     

    海を眺めながら、それぞれ想いを馳せていくことになると思います。

     

    お近くに行くことがありましたら、是非お立ち寄りを!

     

    改めて、御礼申し上げます。

     

    篠崎弘之

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    女子美術大学へ。 BENCH2016 特注サイズを納品しました。

    2018.04.24 Tuesday

    0

      先週、女子美術大学の黒木麻衣さんから、メールをいただきました。

       

      本日、予定通り、

       

      無事にベンチの納品が完了致しました。

       

       

      ありがとうございました。








      「柱と壁にあわせて、ぴったりとベンチを置きたい。」



      というリクエストに応えて、BENCH2016のサイズを変更。

      同じ大きさのベンチを3台並べる事をご提案しました。



      大きなベンチを1台で製作する事もできるのですが、小ぶりなサイズを3台並べた方が、よいだろう。

      将来、使う場所が変わった時にも使いやすいように。

      と、考えました。





      厳密な寸法・スケール・プロポーションで建築をつくる坂本一成さんへ、



      (実は、寸法変更のご連絡を差し上げる度に、ドキドキしていたのですが.....)



      お客さまのリクエストに応える形で、自然に、この仕事のプログラムができつつあるように思います。

      少し、先が見えてきました。







      製作工場 イノウエインダストリィズの皆さんへ、





      今後とも、丁寧で気持ちのよい仕事を、よろしくお願い致します。







      BENCH2016の販売数が30台に達したら、高円寺で呑みましょう。



      *上は、イノウエインダストリィズの創業者:井上高文さんが2002年ころに作成した

      「高円寺マップ」建築家やデザイナーと呑むのが好きだったので、打ち合わせはいつも夕方から。





      たのしみ。







      追記】

      坂本一成さんから以下のご連絡をいただきました。

       

       

       

       

      神 梓 様

       

       

       

       

      メール、ありがとうございます。

       

       

      BENCH2016を女子美へ納品されたとのこと。

       

       

      ブログの写真で確認できました。

       

       

      置かれた場所にうまく収まって、とても良い場が形成されていると思われました。

       

       

      出しゃ張り過ぎず、それでいて存在感ある収まり方に見えました。

       

       

      関係者の一人として、とても嬉しく思います。

       

       

      機会あれば、購入者に宜しくお伝えください。

       

       

      坂本一成

       

      2010年代後半。 今の気分:合板・活用例。

      2018.04.03 Tuesday

      0

        「この合板、捨てられないやろ....」





        弊社代表:大河原慎史(デザイナー・写真右)の一言からはじまった、



        【反った合板をそのまま建具として使うなんて....それは、禁じ手でしょう。本当にやっちゃうの?プロジェクト】







        ええ、本当にやりました。昨日。





        だって、建築家やデザイナーの無理めな依頼にも、柔軟にお応えするのが私の仕事ですから。





        こんな無理なお願い、古巣のイノウエインダストリィズに頼むしかないでしょう。

        という訳で、今村祐介さん、大変 お世話になりました。



        商品:BENCH2016も彼が作っています。





        文京区大塚にある加藤鉄工所・加藤清隆さんが作ってくださった【特注・吊りレール】もいい感じ。





        なんとか取付終了。







        合板が反っているから下のレールを擦ってしまって、動きは、かなり悪い。

        予想通りの出来。お客さまには施工できないけれど、自分たちで使う分には、





        まぁ いっか。





        プロジェクター投影・マグネットの貼付もできるホワイトボード。これで、いつでも勉強会や作戦会議ができます。





        反省点としましては、私が近所のホームセンターで買ってきた【壁紙用ボンド】が全く効かず、

        慌てて買い直しに行った点。シートを貼り付けする推奨品を買う手間を省いた事が災いしました。







        これから自分たちでスペースを作る皆さんへ

        【シートと接着剤】は取扱書を良く読んで、セットで同時に購入しちゃいましょう!





        イノウエインダストリィズ 今村祐介さん、

        昨日はありがとうございました。

        お昼ごはんを食べながら話していた、女子美・廊下用のBENCH2016の幕板の入れ方は下図ですよね?



        オリジナルよりも座板の奥行が広いので、真ん中に幕板1本だと強度が少し心配。

        それを解消するために幕板を2本入れたいと。





        女子美術大学  ヴィジュアルデザイン専攻  黒木麻衣さん、来海昌哉さん、



        上図の納まりで、4月17日(火)15時〜18時 にお届けします。

        よろしくお願い致します。



        余談ですが....

        商品化前に、特注で作っていた頃の納まりは下図です。



        目につくディティールを消すために、かなり手の込んだ作りをしていたのです。

        この美しさは間違いないですけれど、

        2010年代後半・今の気分では、ホワイトバーチ合板1枚で作るのが気持ちいいな。と思っています。







        BENCH2016 商品ページはこちら。http://blog.aemono-shop.com/aemono-project/aemono01/