aemono

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

家具の社会性。なんでもない「台のような」テーブルを通して。

2019.12.09 Monday

0

    こんにちは。aemono プロジェクトリーダー兼(有)SOLO製作管理担当の 神 梓です。

     

    先日、有楽町にオープンしたマーケットへテーブルを納品しました。

     

     

    様々な人・アイディア・文化・食に出逢える多機能型市場 「micro FOOD & IDEA MARKET」

    https://yurakucho-micro.com/

     

    内装設計を担当されたのが、オンデザインパートーナーズ様

    http://www.ondesign.co.jp/

     

    一部の家具設計を担当されたのが、藤森泰司アトリエ様

    http://www.taiji-fujimori.com/ja/

     

     

    古いビルを改装した今っぽいワクワクする空間に、

     

    カフェテーブルとして、

     

    展示台として、

     

    スタンディングテーブルとして、

    いろんな風に使っていただけそうで良かったです。

     

     

    さて、ちょっと長くなってしまいますが、このテーブルの由来をご説明させてください。

     

    なんでもないように見えるこのテーブル。

     

    実は、天板が産業廃棄物で出来ているのです。

     

     

    群馬県の株式会社ナカダイという産業廃棄物処理工場に、毎週運ばれてくるパーティクルボードという素材。

     

     

    パーティクルボードは、木造家屋を解体して粉砕、チップにしたものを圧縮して板にしたもの。

    安価で加工性が良いので、システムキッチンの扉やオフィス家具の面材として使われています。

     

    そのパーティクルボードが株式会社ナカダイに、定期的に集まってきます。

    その廃棄されたパーティクルボードを使っているのです。

     

     

    なぜ、そんな素材を使っているのか?

     

     

    それは、日々の業務の中で感じていた「?」を

    2016年に家具デザイナーの藤森泰司さんと産廃事業者の中台澄之さんにぶつけた事がきっかけです。

     

     

    私は、大学を卒業してすぐの2000年から今現在も、特注家具の製作管理を仕事としています。

    デザイナーや建築家と一緒に工法を考え、それを職人に伝え、スケジュール通りに完成させる仕事。

    たまに、既製品の中から商品をセレクトする仕事も。

    そのような事を20年近くやっています。

     

    特注の家具を作る場合、

    デザインは、大抵いまだに物そのもの働きとか、

    構造だとか、形態の意味だとか、コストだとか、そういったレベルでの検討ばかり。

     

    他方、既製品の中から家具をセレクトする場合は、

    ある家具はブルジョア用で、またある家具は庶民的であり、

    またある家具は、最新のテクノロジーを使っていると謳われ、

    カテゴライズされた世界があって、その中から選ぶ。

     

    そういうものに、ちょっと興味を失っていて.....

     

    そんな時に、社会性のある素材として「産業廃棄物」を使って

    なんでもない「台」または「台のようなテーブル」を作ったら、

    家具にもっと広範な社会性をもたせる事ができるのではないか?

     

    と。

     

     

    そんな話あいの結果、2017年に生まれたテーブルが商品「OVERRIDE」

     

    https://aemono-shop.com/?pid=138052823

     

     

    これを元に今回、有楽町「micro FOOD & IDEA MARKET」に合わせて、藤森泰司アトリエさんがデザインしたのがこのテーブル。

     

     

    群馬のナカダイに集まった産廃からテーブルを作るのだからと、

    製作チームは、すべてナカダイから近い工場で構成しています。

     

     

    スチール脚の製作は、株式会社アリギス

    http://www.arigis.co.jp/

    最先端の大型機械が揃っていて、精密なレーザーカット板金が得意。

    家具の仕事は、普段していないので、お互いの「ふつう」がちょっと違う。

    細かな確認を欠かさず進行しました。

     

     

     

     

     

    脚の塗装は、株式会社アイペイント

    https://ai-paint.jp/

    ネットで探して、電話とメールのやりとりだけで仕事を進行。

    これまでの経験値で決めていた塗装の種類についても

    改めて細かな事までアドバイスいただき、安心できました。

     

     

    天板として使える産業廃棄物を仕分したのは、株式会社ナカダイ

    http://www.nakadai.co.jp/

     

    素材保管・お届けは、株式会社モノファクトリー

    http://monofactory.nakadai.co.jp/

     

     

    カット・研磨・塗装・最終的な組み付けは、有限会社ハルナ工芸

     

    http://www.harunakougei.com/index.html

     

     

     

    全体の進行は、藤森泰司アトリエの担当スタッフ 石橋亜紀さん、モノファクトリーの大沼友美さんと。

     

     

    家具にもっと広範な社会性をもたせられないか?

     

    という問いへの答えは、まだ出せないけれど、

     

    家具の世界に閉じないで、いろんな業種の方々と、

    これからの社会へちょっとでも新しい提案をしていくのは、やっぱり楽しい。

     

    これからも続けていきたい!ご報告でした。

     

    追.

    microのランチは美味しくて、販売している商品も面白い!

    わたしは、 紅芋酢と本を自分へのお土産に買いました。

    ぜひ、遊びに行ってくださいませ。

     

    2018年の目標はOVERRIDEの仕事を誠実に伝えること。

    2017.12.22 Friday

    0

      今日は、新建築の住宅特集2018年1月号を買ってきました。

      今年の5月に納品したOVERRIDEが掲載されているので。



      どこに写っているかというと....





      紙面の右下に。



      建築家・青島琢治さんのご自宅兼事務所のワークテーブルとして。



      それに嬉しいのは、我が古巣:イノウエインダストリィズの下に aemono/SOLOでクレジットがのっている事。



      青島琢治さん、藤森泰司アトリエ・スタッフ皆さんの心遣いに感謝。(じ〜ん...)





      ナカダイの宮田美加さんからは、

      耐久性を増したOVERRIDEの試験結果が届きました。



      2017年12月20日(水)昼〜 21日(木)朝まで、100キロを分散して乗せて放置。



      100キロを真ん中に集中して、



      いずれも天板のたわみは2mm.



      産業廃棄物を利用したテーブルの強度確認としては、安心できるものだと思います。





      よし!





      2018年もOVERRIDREは、新しい空間を作る挑戦を続ける人に使っていただきたい。そう、思っています。



      OVERRIDE商品ページはこちら。

      http://blog.aemono-shop.com/aemono-project/aemono03/







      追記。



      新しい住宅の挑戦作品を紹介する【新建築・住宅特集】今回号の表紙はSOFA/aemonoのデザインを担当している建築家・西沢立衛さん。



      チリに建つ別荘。荒々しい自然の中に伸びやかに建っていています。

      こんな風景の中での生活を想像しながら行う設計って、ワクワクするものでしょうね。きっと。

      みんなの意見をコツコツと積み上げて、スッキリしたディティールに。

      2017.10.30 Monday

      0

        OVERRIDE生産チーム の皆さま



        耐久性をUPさせたOVERRIDEを発注するために、ディティールの最終検討をしています。



        一度 描いた納まり図を数日置いて、



        考えを寝かせたり、起こしたりしながら、

        何度も検証を繰り返す作業は、けっこう忍耐力が必要です。



        関係工場みなさんのご意見を集めるのも、案外たいへん...





        でも、その作業抜きには良いディティールは完成しないので、



        地味にコツコツやっています。





        藤森アトリエ 藤森さん、石井さん、

        鬼目ナットで天板を連結する位置は、上図6点にしましょう。

        真ん中のロの字フレームを「100ミリ巾×2.3ミリ・スチールプレート」で製作するのはいかがでしょうか。

        そうすると、金物脚の構成は、角パイプとスチールプレートだけ。

        (スッキリ。)



        鬼目ナットにねじ込むボルト長さも6個共通にできます。



        それと、天板の鬼目ナットの位置は【分かりやすいきれいな整数】で、ハルナ工芸さんへ指示したいです。





        ハルナ工芸 植杉さん、

        特注家具工場・塗装工場は、納期に追われて毎日がバッタバタなので、

        職人が【間違えようのない寸法指示】がありがたいですよね。





        アリギス 田村さん、

        いかがでしょう?

        先週末にメールしました角パイプつなぎ案より、コスト的にも良いですよね。

        精密板金が得意。というアリギスさんのチャームポイントも生かしているつもりです。







        藤森アトリエ 石井さん、

        天板と金物脚を連結するための穴の位置について、私の考えは以下です。

        ・金物プレートの穴あけ→レーザーで精密に開けられるので、小数点がある位置でもOK.

        ・天板への鬼目ナット打ち込み→木工職人の手加工なので、小数点がある位置はNG.



        ご面倒をおかけしますが、以下3種の製作図をメールにて明々後日 11月2日までにいただけますか。

        ゞ睚のみの製作図

        天板のみの製作図

        A澗寮什鄂沺吻 椨△旅臑痢





        どうぞよろしくお願い致します。