aemono

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

産廃から作られたテーブルOVERRIDE、お客さまからご使用中のお写真が届きました!

2020.06.22 Monday

0

     

    こんにちは。aemono projectの神 梓です。

     

    テーブルOVERRIDEをご購入くださいましたお客さまから、ご使用中のお写真とメッセージが届きました!

     

     

    1枚目の画像は、自分の中の理想の形として撮ってみたのですが、

    実際の所は2枚目の画像のようにごちゃごちゃした感じで

    落ち着いております。

     

    今回、OVERRIDEに合わせていくつか備品を揃えたりしたのですが、

    OVERRIDEは力強い存在感の割に主張し過ぎず、使い手によってきっと様々な形に

    収まるのだろうと感じました。その分色々考え過ぎてしまい備品の選定には時間がかかりましたが、

    とても楽しみながら揃えることができました。

     

    製作された関係者の方々にも宜しくお伝えいただければと思います。

     

    宜しくお願いいたします。

     

     

    .......ほんとうに嬉しいメッセージ。ありがたいなぁ。

     

     

    そもそもは...

     

    2016年。産廃を素材に生産背景を伝える家具を作りたい!と、デザイナーの藤森泰司さんにお話したところ、

    「パーティクルボードやメラミンのバッカーって、産廃工場にあるのでは?」と。

     

    「こういうの、うちの工場でよく見かけますよ。」

    と、株式会社ナカダイの中台澄之さんがお応えくださった事がきっかけです。

     

     

     

    それから株式会社ナカダイさんに集まる産廃をテーブルの素材とするため丁寧に分別、株式会社モノファクトリーさんが保管。

     

     

     

    藤森泰司アトリエさんは「産廃を使っている」というコンセプトが主張するのではなく

    家具の生産背景として、産廃や工場の事が伝わるようにと、

     

    主張しすぎず、でも力強く魅力あるものにしようと、

    バッカーの貼り方、脚の納まり、(エトセトラ...エトセトラ.....)検証を重ねてくださいました。

     

     

    なんでもなくて美しいものを作るためには、この作業が欠かせません。

     

     

    その思いを図面から受け取った株式会社アリギスさんも金物脚の精度をあげるべく奮闘してくだいました。

     

     

    金物脚の表面仕上は、日本パーカライジング株式会社さんが担当。

    普段は、大量生産の製品パーツや建築部材の表面処理加工をしているのですが、

    OVERRIDEが小ロットでも生産を続られる方法を一緒に考えてくださいました。

     

     

     

     

     

    天板の製作と磨き塗装、最終アッセンブルは、有限会社ハルナ工芸さん。

     

    すごいなぁ、よかったなぁ。

     

    粉砕処理される直前の産業廃棄物が、

    デザイナーの想像力と職人の技によって、力強く魅力的な家具となり、

    お客さまの日常で使っていただけるなんて、本当に.....!

    すごいなぁ。

     

    皆さま、改めてましてありがとうございます。

    ご報告でした。

     

     

    産業廃棄物の美しい断面。テーブルOVERRIDEを通して。

    2020.06.08 Monday

    0

       

      大変ご無沙汰しております。aemono 神 梓です。

      新型コロナ対応のため、もっぱら自宅で製作進行管理ばかりしておりましたが...

      久々のご報告です!

       

      群馬県に集まる産業廃棄物を使ってつくる、テーブルOVERRIDEの検品に行ってきました。

       

      今回は、東京 麻布にあるdesignshopさんからのご注文です。

      designshopさんは、シンプルライフ,クオリティライフにふさわしい、けして派手ではないけれど、永く使える、
      そして流行に左右されない、優れた商品を扱っているお店です。

       

       

      やっぱり美しい。産業廃棄物の断面。

      切りっぱなしの木口を、ほんの少しだけ面取りし、丁寧にヤスリがけし、オイルで研磨。

       

       

      藤森泰司アトリエがデザインしたこのテーブルOVERRIDEを作っているのは、有限会社ハルナ工芸。

       

       

      なんてことないように見える仕上こそ、ごまかしが効かない。

      職人の仕事に対する誠意があらわれています。

       

       

      有限会社ハルナ工芸は、塗装職人と家具の木工職人がジョイントしている工場。

      だから塗装や研磨に対して細かなリクエストにも対応してくださり、頼りになる存在。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      脚の生産は、株式会社アリギス。

      表面処理は、日本パーカライジング株式会社。

       

      群馬のご近所さん工場による連携プレーで、このテーブルは出来ています。

       

       

      産業廃棄物処理工場 株式会社ナカダイに集まった廃棄物を丁寧に分別し、

       

       

      株式会社モノファクトリーが素材として再利用できるものだけを保管管理しています。

       

       

      すこしでもお客さまにお待たせする時間を短かくするために、

      今回から、生産体制を少し見直しました。

       

      産業廃棄物のパーティクルボードとメラミンバッカー、脚の在庫保管は、有限会社ハルナ工芸が担当してくださる事に。

       

       

      脚は、金物製作や表面仕上にかかるコストを抑えるため、1回に6台まとめて生産しています。

       

      ....という訳で、通常納期は2ヶ月程かかるOVERRIDEですが、

      今は、脚の在庫が5脚分(1400Wが2脚。1600Wが3脚。)ありますので

      短納期でのお届けも可能です。

       

      ぜひ、ご用命くださいませ!

       

      ご報告でした。

       

       

       

       

       

       

       

      家具の社会性。なんでもない「台のような」テーブルを通して。

      2019.12.09 Monday

      0

        こんにちは。aemono プロジェクトリーダー兼(有)SOLO製作管理担当の 神 梓です。

         

        先日、有楽町にオープンしたマーケットへテーブルを納品しました。

         

         

        様々な人・アイディア・文化・食に出逢える多機能型市場 「micro FOOD & IDEA MARKET」

        https://yurakucho-micro.com/

         

        内装設計を担当されたのが、オンデザインパートーナーズ様

        http://www.ondesign.co.jp/

         

        一部の家具設計を担当されたのが、藤森泰司アトリエ様

        http://www.taiji-fujimori.com/ja/

         

         

        古いビルを改装した今っぽいワクワクする空間に、

         

        カフェテーブルとして、

         

        展示台として、

         

        スタンディングテーブルとして、

        いろんな風に使っていただけそうで良かったです。

         

         

        さて、ちょっと長くなってしまいますが、このテーブルの由来をご説明させてください。

         

        なんでもないように見えるこのテーブル。

         

        実は、天板が産業廃棄物で出来ているのです。

         

         

        群馬県の株式会社ナカダイという産業廃棄物処理工場に、毎週運ばれてくるパーティクルボードという素材。

         

         

        パーティクルボードは、木造家屋を解体して粉砕、チップにしたものを圧縮して板にしたもの。

        安価で加工性が良いので、システムキッチンの扉やオフィス家具の面材として使われています。

         

        そのパーティクルボードが株式会社ナカダイに、定期的に集まってきます。

        その廃棄されたパーティクルボードを使っているのです。

         

         

        なぜ、そんな素材を使っているのか?

         

         

        それは、日々の業務の中で感じていた「?」を

        2016年に家具デザイナーの藤森泰司さんと産廃事業者の中台澄之さんにぶつけた事がきっかけです。

         

         

        私は、大学を卒業してすぐの2000年から今現在も、特注家具の製作管理を仕事としています。

        デザイナーや建築家と一緒に工法を考え、それを職人に伝え、スケジュール通りに完成させる仕事。

        たまに、既製品の中から商品をセレクトする仕事も。

        そのような事を20年近くやっています。

         

        特注の家具を作る場合、

        デザインは、大抵いまだに物そのもの働きとか、

        構造だとか、形態の意味だとか、コストだとか、そういったレベルでの検討ばかり。

         

        他方、既製品の中から家具をセレクトする場合は、

        ある家具はブルジョア用で、またある家具は庶民的であり、

        またある家具は、最新のテクノロジーを使っていると謳われ、

        カテゴライズされた世界があって、その中から選ぶ。

         

        そういうものに、ちょっと興味を失っていて.....

         

        そんな時に、社会性のある素材として「産業廃棄物」を使って

        なんでもない「台」または「台のようなテーブル」を作ったら、

        家具にもっと広範な社会性をもたせる事ができるのではないか?

         

        と。

         

         

        そんな話あいの結果、2017年に生まれたテーブルが商品「OVERRIDE」

         

        https://aemono-shop.com/?pid=138052823

         

         

        これを元に今回、有楽町「micro FOOD & IDEA MARKET」に合わせて、藤森泰司アトリエさんがデザインしたのがこのテーブル。

         

         

        群馬のナカダイに集まった産廃からテーブルを作るのだからと、

        製作チームは、すべてナカダイから近い工場で構成しています。

         

         

        スチール脚の製作は、株式会社アリギス

        http://www.arigis.co.jp/

        最先端の大型機械が揃っていて、精密なレーザーカット板金が得意。

        家具の仕事は、普段していないので、お互いの「ふつう」がちょっと違う。

        細かな確認を欠かさず進行しました。

         

         

         

         

         

        脚の塗装は、株式会社アイペイント

        https://ai-paint.jp/

        ネットで探して、電話とメールのやりとりだけで仕事を進行。

        これまでの経験値で決めていた塗装の種類についても

        改めて細かな事までアドバイスいただき、安心できました。

         

         

        天板として使える産業廃棄物を仕分したのは、株式会社ナカダイ

        http://www.nakadai.co.jp/

         

        素材保管・お届けは、株式会社モノファクトリー

        http://monofactory.nakadai.co.jp/

         

         

        カット・研磨・塗装・最終的な組み付けは、有限会社ハルナ工芸

         

        http://www.harunakougei.com/index.html

         

         

         

        全体の進行は、藤森泰司アトリエの担当スタッフ 石橋亜紀さん、モノファクトリーの大沼友美さんと。

         

         

        家具にもっと広範な社会性をもたせられないか?

         

        という問いへの答えは、まだ出せないけれど、

         

        家具の世界に閉じないで、いろんな業種の方々と、

        これからの社会へちょっとでも新しい提案をしていくのは、やっぱり楽しい。

         

        これからも続けていきたい!ご報告でした。

         

        追.

        microのランチは美味しくて、販売している商品も面白い!

        わたしは、 紅芋酢と本を自分へのお土産に買いました。

        ぜひ、遊びに行ってくださいませ。