aemono

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

産業廃棄物を魅力的な素材として、 社会の中で循環させる。

2018.07.23 Monday

0

    暑い毎日が続きますが....



    あいかわらず産業廃棄物を素材として、

    社会の中で循環させる仕組みを考えています。



    今週は、お知らせが3つ。



    【その1】ディティール7月号「家具デザイナー 藤森泰司の仕事」が発売されています。



    プロローグでは、藤森さんが学生時代に家具にのめり込んだきっかけや、"問いのかたち"そのものを具現化することに意味を見出していた2002年頃の話、



    現在は、"道具であること"を常に考え、でもそれにとらわれすぎているのではないか?とも考えてしまうという話などが書かれています。







    (家具にのめり込んでしまっている一人として、とても共感しました....)







    本の中では、aemonoの商品であるOVERRIDEも紹介されています。













    【その2】法人様限定。板だけの販売をスタート!



    産業廃棄物を使用して作ったテーブル:OVERRIDEのトップとして使っている板です。





    ほんとうは、個人の方へも1枚ずつ販売したいのですが、

    まだ体制を整える事ができなくて....







    まずは、法人様限定の商品。



    名前は、NFP板(ナカダイ・フジモリ・パーティクルボード)

    ウレタン染色塗装。

    色は3色:白・黒・クリア。

    厚みは、18ミリ〜20ミリ。

    納期は、2〜3ヶ月。(時期によっては短縮可)

    サイズは、オーダーを承ります。







    群馬の産業廃棄物処理場:ナカダイに集まるパーティクルボードで製作します。



    最終処分場に持っていかれ、粉砕される運命のパーティクルボードを、

    「ちょっと、待って。」と100枚ずつ保管していただき、作っていきます。





    産業廃棄物なので、集まるサイズはマチマチ。

    そのためオーダーサイズによっては、1枚の板で作る事が出来ない場合があります。

    その場合は、板を丁寧にはぎ合わせて対応します。

    販売価格は、平米30,000円。設計価格もご用意しております。

    天板だけでなく、棚板としても活用いただけます。



    「こんな使い方はできるの?してみたい!」など、質問がございましたら担当:神(じん)までお気軽にお問い合わせ下さい。

    メール:aemono@blog.aemono-shop.com

    でんわ:03-6276-4023









    【その3】新商品:「額縁」の打ち合わせがスタート!



    写真を入れるか。アートを入れるか。ミラーにするか。

    日常生活で、無理なく使っていただけますように。



    パーティクルボードの、どの面を正面としてフレームとするか。

    内側に納まる透明の板は、ガラスにするか。アクリルにするか。

    その位置は、どこにするか。フレームの彫り込み深さはいくつにするか。







    強度を担保しながら、製作上の合理性も併せ持つ、美しい決め事。

    ディティールの検討。





    どんな図面が届くのか、やっぱりワクワク....







    3つのお知らせでした!

    少しずつでもテマヒマ惜しまず。無理なく継続した仕事をするために。

    2018.03.29 Thursday

    0

      おととい、建築家・前田健太郎さんからメールをいただきました。



      それと染色パーチの件ですが、

      3*6 t30(白染色、クリア塗装込み)で考えたときに、

       

      材料のみの単価として算出できるものでしょうか?

       

       

       

       

       

      それとも、神さんや藤森さんがデザインされた家具などのみの仕様として、

       

       

      トータルの金額で算出していただくことになりそうでしょうか。








      この素材について、

      わたしが考える今後の理想の使われ方について、

      ご説明します。





      大手メーカーから、群馬県前橋市にある産業廃棄物処理工場【ナカダイ】に届くパーティクルボード。



      それを車で30分の距離ににある木工・塗装工場【ハルナ工芸】に運び、丁寧に磨いて薄化粧をする。







      すると、もともとは荒い質感の木質系ボードが、

      品のある石のような質感に変化。(写真より、実物の方が驚きが大!)



      家具デザイナー・藤森泰司さんが薄化粧の具合を細かく吟味・調整して完成した【この仕上がり】





      この素材を大切に、無理なく、いろいろな方に使っていただけるよう育てるには、以下の方法がベストではないか?

      と考えます。





      【仕事の流れ】

       

       

       擇海料悩燹仕上】を使って誰でも自由に家具などをデザインする

       

      ∩悩爐魯淵ダイ産のパーティクルボード(産業廃棄物)を使用する

       

      製作工場はハルナ工芸。ハルナ工芸から現場へ直接配送(西濃運輸)

       

      だ什邊浜はSOLOが行う






      建築家・前田健太郎さん、

      板材での販売ですと、最終的に木口の仕上げはどうするか?という点と在庫ストックが気掛かりで、

      具体的な数字をお伝えする事ができそうもありません。

      そのため、上記の考えに至りました。



      ご面倒をおかけしますが、

      図面を拝見させていただいての【都度お見積】とさせていただけますでしょうか。



      図面から、わたしが材料を拾い、

      ナカダイの宮田さん(下の女性)に都度確認し、在庫ストックを依頼。



      宮田さんが、このバンにパーティクルボードを積み込み、ハルナ工芸さん(木工・塗装工場)へお届けする。という流れになります。







      関係者の皆さん、

      よろしいですよね?



      この素材を使った商品ページはこちら。

      http://blog.aemono-shop.com/aemono-project/aemono03/

       

      1