aemono

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

産業廃棄物を魅力的な素材として、 社会の中で循環させる。

2018.07.23 Monday

0

    暑い毎日が続きますが....



    あいかわらず産業廃棄物を素材として、

    社会の中で循環させる仕組みを考えています。



    今週は、お知らせが3つ。



    【その1】ディティール7月号「家具デザイナー 藤森泰司の仕事」が発売されています。



    プロローグでは、藤森さんが学生時代に家具にのめり込んだきっかけや、"問いのかたち"そのものを具現化することに意味を見出していた2002年頃の話、



    現在は、"道具であること"を常に考え、でもそれにとらわれすぎているのではないか?とも考えてしまうという話などが書かれています。







    (家具にのめり込んでしまっている一人として、とても共感しました....)







    本の中では、aemonoの商品であるOVERRIDEも紹介されています。













    【その2】法人様限定。板だけの販売をスタート!



    産業廃棄物を使用して作ったテーブル:OVERRIDEのトップとして使っている板です。





    ほんとうは、個人の方へも1枚ずつ販売したいのですが、

    まだ体制を整える事ができなくて....







    まずは、法人様限定の商品。



    名前は、NFP板(ナカダイ・フジモリ・パーティクルボード)

    ウレタン染色塗装。

    色は3色:白・黒・クリア。

    厚みは、18ミリ〜20ミリ。

    納期は、2〜3ヶ月。(時期によっては短縮可)

    サイズは、オーダーを承ります。







    群馬の産業廃棄物処理場:ナカダイに集まるパーティクルボードで製作します。



    最終処分場に持っていかれ、粉砕される運命のパーティクルボードを、

    「ちょっと、待って。」と100枚ずつ保管していただき、作っていきます。





    産業廃棄物なので、集まるサイズはマチマチ。

    そのためオーダーサイズによっては、1枚の板で作る事が出来ない場合があります。

    その場合は、板を丁寧にはぎ合わせて対応します。

    販売価格は、平米30,000円。設計価格もご用意しております。

    天板だけでなく、棚板としても活用いただけます。



    「こんな使い方はできるの?してみたい!」など、質問がございましたら担当:神(じん)までお気軽にお問い合わせ下さい。

    メール:aemono@blog.aemono-shop.com

    でんわ:03-6276-4023









    【その3】新商品:「額縁」の打ち合わせがスタート!



    写真を入れるか。アートを入れるか。ミラーにするか。

    日常生活で、無理なく使っていただけますように。



    パーティクルボードの、どの面を正面としてフレームとするか。

    内側に納まる透明の板は、ガラスにするか。アクリルにするか。

    その位置は、どこにするか。フレームの彫り込み深さはいくつにするか。







    強度を担保しながら、製作上の合理性も併せ持つ、美しい決め事。

    ディティールの検討。





    どんな図面が届くのか、やっぱりワクワク....







    3つのお知らせでした!

    コメント
    コメントする