aemono

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

東京の田舎生まれ「A BOX」が都会で販売をスタート。

2017.10.02 Monday

0

    しあさってから、「A BOX」が表参道で販売をスタートします。



    毎日の生活で「A BOX」を使っていただけたら、

    普段の生活を美しくする事に、役立ちますし、

    日本の森の美しさを守る事にも、役立ちます。





    (う〜ん、やっぱり、いいこと、いっぱい....)







    10月5日〜11月1日の4週間、表参道にある下記のショップで期間限定・展示販売。

    GOOD DESIGN SHOP COMME des GARÇONS D&DEPARTMENT PROJECT

    東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE 2F 11:00〜20:00

    03-3406-2323



    1FにCHANEL、3FにMOMA STOREが入っている表参道通り沿いの、あのビルの2Fです。









    今日は、「A BOX」の控えめな個性をわたしたちの思いと共にお伝えします。



    写真は、切ったばかりのみずみずしい木を、天日干ししている風景。

    (実は国内で、こんな風に天日干しされて流通している木は、とても少なく、人工乾燥機を使っての乾燥が主流です。)



    A BOXは、すべて、天日干しされた木を使って、作られています。





    干し柿が、時間をかけて、ゆっくりゆっくり甘みが増すように、

    木も、天日干しで、少しづつ自然に水分を蒸発させると、仕上がりの肌が、ちょっと違います。



    小野木工製作所(東京都あきる野市)でも乾燥具合をダブルチェックしてから、作ります。



    木の伐採と天日干しを担当するのが、東京チェンソーズ(森林の整備をする会社)。販売元でもあります。



    「輸入材の方が経済的に合理的」という判断のもと、

    使えるのに放置されている木が、日本の山には、たくさん生えています。



    わたしたちは、

    せっかく、身近に良い素材が眠っているのだから、手間暇はかかりますが、みんなで大切に製品にしてお客さまへお届けしたい。



    そう、思っています。



    一度にたくさんは作れないけれど。



    納期も、たっぷりかかってしまうけれど。





    ひとつ、ひとつ 表情の違う A BOX。



    東京産の次回出荷は、2018年5月を予定しております。

    2017年は、杉とサワラで作りました。2018年は、モミの木やヒノキにチャレンジしたいです。





    この商品、日本全国への展開も予定しています。



    日本国内のいろいろな針葉樹で作った「A BOX」をたくさん並べたい。

    ひとつずつ、表情の違う「A BOX」の中から、お気に入りを見つけて家に持ち帰っていただきたい!そう、考えております。







    東京の次は、石川県。

    いましばらく、お待ちいただけますますと嬉しいです。

    コメント
    コメントする