aemono

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

工場さんが動きやすいように、ディティールのスタディをする事は楽しい。

2017.04.18 Tuesday

0

    昨日は、群馬県前橋市にある株式会社アリギスさんへ打ち合わせに行ってきました。

    アリギスさんは板金屋さん。最新の大型機械をたくさん保有しています。



    「レーザーカットはネスティングで常時流れているので、板ものに関しては歩留まりは考えなくていいですよ。」と。





    そうか!だから少量多品種の仕事を得意とできるのか。



    藤森アトリエ 藤森泰司さん、石井翔さん、



    アリギスさんでは、0.5ミリ〜16ミリまでの鉄板を曲げることができます。

    アリギスさんで良く使う板厚は、1.2ミリ・1.6ミリ・2.3ミリ・3.2ミリの4種。

    また、メッキ加工するにの暴れが出ないのは2ミリ以上と日本パーカラジングさんからうかがっております。

    よって、ブックスタンドは2.3ミリの鉄板で検討をすすめていただけますと嬉しいです。



    2.3ミリ厚の鉄板を曲げて、溶融亜鉛メッキ+リン酸塩処理しただけのブックエンドは、重厚感もあり、大人のデスク周りを整えるのに役立ちそうだからです。



    それと....毎度のことながら、ディティールに頭を悩ませております。





    下図右の「40×16角パイプと棚板の納まり部分」が、このラックのチャームポイントだと思うのですが、以下2点が悩ましいです。

    ・角パイプの内側に棚板を納めるが、角パイプと棚板の逃げ(クリアランス)をどう見るか。0.5+0.5=1ミリのクリアランスでOKか

    ・角パイプの外からネジ頭が見えてOKとの事ですが、ない方がきれいではないか。(下図左のように、内側から角パイプにビス止めの方が組み付けも楽ではないか。)





    う〜ん、まだ悩み中ですが、コストを把握しながら詳細を決定して行きたいので....



    アリギス 田村さま

    大変申し訳ありませんが、以下2案でお見積をしていただけますか。1週間後の4月25日までにご提出いただけますと助かります。

    ロット:1台/6台/20台/ 30台

    【A案:金物フレームを全て溶接してしまう】



    【B案:角パイプフレームを2パーツ作り、間を8本のスチールロッドパーツでつなぐ】



    詳細は別途メールします。電話にてご説明させてください。



    アリギスのみなさま、

    昨日は朝早くから工場解説をしてくださってありがとうございました。

    左が生産管理部 積算係 係長の田村貴之さん、真ん中が製造部 兼 品質管理部 部長 内山俊幸さん、右が生産管理部 部長の武藤英機さん。



    ハイテクなロボット機械に圧倒されて、肝心な工場内部の写真はあんまり、いい写真がとれなくて残念です....



    最後に、見慣れたナカダイさんの廃棄物分別ラックがあったのでパシャリ。

    コメント
    コメントする