aemono

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

目標:2017年6月のリリースは東京産。2018年6月は石川産。

2017.03.12 Sunday

0
    マキシさん、桶田さん、小野さん、石川県地域産材活用プロジェクトのみなさん、プレス・竹形さんへ

    おととい、石川県産の黒杉・現物を見ました。

    現時点での計画最新案は以下です。14日のミーティングでご意見をお聞かせいただけますと幸いです。



    上記を解説しますね。

    石川県地域産材活用プロジェクトの鍋谷さんが送ってくださった黒杉。



    見た目はいい感じ。けれど鍋谷さんからは出荷前にご連絡いただいていたのです。

    鍋谷木材さんで在庫していた50ミリ厚を販売するのがちょうどいいだろうと。

    しかし、それを半分に割いて出荷しようとしたら、材の乾燥が甘かった。反りも大きい。(鍋谷さんはおそらく冷や汗)



    通常、家具材として使える状態ではない、と。



    「じんさん、どうします?」と電話で。(やっぱり鍋谷さんは冷や汗)

    (わたし)「ものを見なければ判断できないので、まずは予定通り送ってください。木工職人さんのリクエストも引き出したいので、送ってください。」とお返事。





    届いた黒杉を持った木工職人・小野さんは、「持った感じが杉にしては重いな」と。

    水分量を測ってみたところ、  小野さん基準:15を上回る数値。



    さて、どうするか。



    まぁ、反ったままでは使えないから、巾を狭くしよう。と、昇降板でカット。



    その後、手押しガンナで削る。



    その後、自動ガンナでさらに削る。



    どうして今回はモルダーを使わないかというと、モルダーだと「なり」に削れてしまうから。手押ガンナなど、人間の手で板を歯に押しつけて削るので矯正が効くのだそうです。



    (うーん、ちょっとイメージしづらいですね。今度、時間を見つけて図を描いてみます。板を削る工作機械・モルダー、手押ガンナ、自動ガンナ、ちょうしガンナについて。あ、そんなマニアックな情報はいらない?)



    できた板がこれです。ワイルドでいい感じ。でも、触ってみると、とってもしっとり!!



    なので、この状態で小野木工さんで1日くらい乾燥させてからからまた削って、boxにしていただきます。

    本当は小野さんのところでこのまましばらく乾燥させたら、状態はもっと良くなるのですが、マキシさんや皆さんに見ていただき、計画案をFIXするためにはboxを組み立ててみて懸念事項を洗い出す必要があったので......

    突貫工事をお願いしました。小野さんに。



    きっと、ワイルドなカッコイイ箱になると思うのです。



    ・・・・・・というわけで、石川県産の黒杉は、ぜひ使ってみたけれど乾燥に時間がかかりそうなので、リリースは来年の6月にしたらどうかな。と。だったらBOXを製作するのも石川県の製材所の近くにいる木工職人さんに作っていただいたら、良いのでは?と。

    では、続きはあさって火曜日に。
    コメント
    コメントする