aemono

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

ヒノキの圧密加工・成形合板でソファをつくる?

2017.03.09 Thursday

0
    おとといは、西沢立衛建築設計事務所の東出優子さん・天童木工の永坂英樹さん・松橋孝之さんとミーティングをしました。港区浜松町にある天童木工ショールームにて。



    東出さんから、うかがったこと。

    ・脚の素材は、金物ではなく木が良い。

    ・ここ最近の仕事でヒノキを使う事が多く、西沢さんは最近 ヒノキに関心が高い。

    ・↑例えば、オカムラへ提案したヒノキをかつらむきにしたパーティションや、京都のお仕事で作った椅子

    ・ヒノキで椅子を作った際は、脚部はヒノキでは強度が出ないから、違う木を使った。





    ヒノキだと、世界で唯一の技術である針葉樹・厚密加工のPRも出来て、天童木工さんにとっても良いことを作れる気がします。だから私としては、ヒノキでチャレンジしてみたい。



    東出さん、

    例えば、こんなのはどうでしょう?



    【シート部分の作り方】

    1 .東京の森から採れるヒノキの原木を3ミリのかつらむきにする。

    2. 2000 ×1000強の大きさの板を3ミリから1.5ミリに圧密加工・乾燥させる

    3.出来上がった単板10枚を重ねて成形する

    4.3DNCでソファの輪郭(フリーハンド)をカットする



    どうして東京産のヒノキが良いかと言いますと、東京ですと私が打ち合わせや撮影に行きやすいからです。

    脚の形状については、図面ではひとまず下図A で書いていますが、Bですと畳の上に置いても跡が付きづらく、ソファ本体を動かす時に、少しの移動だったら押して動かせるので便利かな。と思いました。



    こんなふう。





    永坂さん、松橋さん、

    素材がヒノキでOKの場合、原木かつらむきをお願いする素材メーカーさんはどこにお願いしましょうか。また追って、ご相談させてください。









    成形合板の作り方をMOVIEで勉強中の東出さん。家具の作りって、建築と似ているようでかなり違う。面白いですよね!
    コメント
    コメントする