aemono

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

プロジェクトをブランドにしたい。

2017.03.08 Wednesday

0
    おとといは、プレス・竹形さんとブランディングディレクター・川田さんと打ち合わせをしました。中目黒にあるランドマークさんにて。



    6月のリリース時に、どういう言葉やビジュアルで伝えたら良いのか。



    というお話の前に、



    誰に販売するのか? BtoBなのか?BtoCなのか?



    竹形さんへ

    「ほしい人に売ります。OPENに。で、いいんじゃないですか?」と言っていただけてホッとしました。



    一般の人には、ものベースであった方が入りやすい。

    「背景からより使われている風景」が必要とのご指摘、なるほど納得です。



    現時点で、わたしがこのコラムの想定読者として考えているのは、デザイン・建築・家具産業などで働くプロです。これまで、製作図面を通して彼らと仕事をしてきたので、彼らに伝わる言葉で話をする事は出来ているように思います。



    けれど、それを一般の人に伝える言葉は、まだ、わたしの中に準備がなくて眉間にシワばかり寄せています。







    川田さんへ

    「30年続けたいプロジェクト aemono」という伝え方をしなければNG.という事も十分納得しております。



    なんでも安価に簡単に買えてしまう現在の日本だから、

    モノを作って、それを自分の商売にしている人達は、自分たちの将来に漠然とした不安を抱えている。



    でも、眉間にシワばかり寄せていたって何の解決もしない。だから、とりあえずでも軽やかに、自分たちに出来る事を外にPRしたらいいんじゃないか。



    「な〜んだ、こんな事なら、俺っちでも出来るんじゃない?」と思って欲しいのです。

    モノづくりを生業としている人に。



    わたし自身、重い腰を上げます。3月中にface bookとtwitterへ導線を引きます。webコラムから。約束いたします。



    川田さん、竹形さん、

    SOLOはメーカーではない。企画・プロドュースをする会社。という事がハッキリ分かって良かったです。

    「プロジェクトをブランドにする!」というこれまでにない事をPRしたいです。



    大河原さん(我が社・代表)へ

    目的はプロジェクトを30年続ける事ですが、はやく自分の給料分を商品の売上から出さないと......と、少し焦っております。

    これからの半年は「営業」にも力を入れますよ!



    (......まだ力の入れ方がピンときておりませんが....)



    ミーティング終了後。



    「最近、大河原の方の仕事は、どや?」と、川田さん。このおふたりは「大学時代からのツレ」
    コメント
    コメントする