aemono

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

丁寧な感触。もう、それだけで十分なんじゃないか。

2017.02.27 Monday

0
    マキシさんへ

    試作2ndのご指示をありがとうございました。





    商品に、差異や特徴となるような何かを「わざわざ」付加するのは、やっぱり苦手。



    わたしたちの身近で大切な特注家具の職人が、

    毎日淡々と作り出すものは、サッパリとしています。

    けれども、やっぱり人の手で作りだした丁寧な感触が確かにあるのです。







    それは、何も特別なことをしているのではなくて。



    たとえば、最後の仕上げで手を抜かない。

    入りたての若い人でもすぐに出来る事。



    組み付けが終わった家具の表面に、紙やすりを丁寧にあてる。

    (紙やすりごしに摩擦によって生まれる熱を指に感じながら)





    そういう「生身の人間の働き」が木の板に染み込んで、

    量産されたものとは違う丁寧な感触を生んでいたように思います。



    もう、それだけで、十分じゃないかと思うのです。









    先日、おしゃべりの中で聞いた素敵な製材所が気になって。マキシさんに写真を送っていただきました。



    石川県の能登半島の先っぽ・珠洲市にある新出製材所。



    珠洲あたりでは、黒い色をした杉・通称「黒杉」がとれるらしい。



    さっそく電話で、問い合わせをしてみました。新出製材所。(たぶん、この棒をもっている人が、電話で対応してくださったのではないかな.....)



    マキシさん、

    底板の納まりを2種類 考えました。

    A案。側板と底板はゾロ。将来的に材が縮んだ場合に隙間が目立つ可能性あり。底につける桟は7.5ミリに挽いた板。



    B案。側板と底板は7.5ミリのダンチがつく。将来的に材が縮んだ場合、ダンチがある分、隙間が気にならないのでは?底につける桟は15ミリの板。



    製作管理の立場としては、B案がオススメです。すべて15ミリの材で構成されている。というのはコスト面で有利です。



    それと、箱の4辺に立ち上がりがつく。というのは「箱膳」のような雰囲気も出るような。

    (青山の喫茶店でのミーティング時に、桶田さんがお話していた事)

    どう思いますか?



    それと....木工用ボンドと併用して桟を留めるのは何を使いましょう?

    ・ピンタッカー

    ・ビス

    ・ビス+木栓

    ・釘もしくは鋲

    ご検討のほど、よろしくお願いいたします。
    コメント
    コメントする