aemono

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

みんなで渡ればこわくない!?

2016.11.26 Saturday

0

    昨日は、ランドマーク・スタッフの方々とミーティングをしました。中目黒にて。



    「ランドマークでも自分たちでオリジナル商品を開発して販売する!」



    最近、そう決めたそうです。



    パチパチ。



    わたしが、これまで培った家具の製作管理の技術を応用して、商品開発を仕事にしよう。と思えるようになったのは、この1年、ランドマーク・スタッフの方とお話をする機会が多かったから。



    会社は違いますが、私が持っている知恵で何かお役にたてる事がありましたら、お手伝いしますね。と、約束してきました。





    こわい橋、みんなで渡ればこわくない!?




    社会をたのしくする障害者メディア「コトノネ」でオリジナル商品を開発します。
     

     



    オリジナル商品の開発をとおして、「商売を福祉に伝えたい。」仕事を覚えてもらいたい。そう、里見さんはおっしゃっていました。



    里見さんへ

    先日、ミーティングに行った家具工場で『コトノネ』を愛読している人と遭遇しました。その方のお子さんが障害を持っているから知人に教えられて読み始めたそうです。

    コトノネは、写真がきれいよね!でも、私の周りででコトノネを知っている人はいないなぁ。子供がまだ小さいからかな、と、その方はお話していました。



    私にとって、コトノネは小さな子供を持つ親に読んでもらいたい雑誌です。これから子供の教育に頭を抱える以前の親に。なにか、自分の子供にトラブルがあったとしても、選択肢はたくさんあるんだ。自分たちだけで抱え込まなくていいんだ。という事に気づくきっかけになる雑誌だと思うからです。

    「あ〜、困ったなぁ。どうしたらいいのかな。」と身近な人に言える雰囲気をわたしは作りたい。それが、これからの豊かな社会につながると思うからです。





    最新の「コトノネ vol.20」の中で、一番グッときたページ。石内都さんが撮影したフリーダ・カーロの遺品写真。フリーダ・カーロも障害をもつ女性。南米の激しい女性芸術家 。コトノネはこんな雑誌です。http://kotonone.jp/

     

    コメント
    コメントする