aemono

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

島根県浜田市・出張ぶらり

2016.11.24 Thursday

0

    2週間前、はじめて島根県に行きました。東北生まれの私にとって馴染みのうすい山陰地方。



    東北も山陰も、ひっそりとした魅力があって、渋好みにはグッときます。



    いきなり決まった出張で1泊の強行スケジュールだったから、有福温泉に行けなかったのと、金曜定休の浜田市の魚市場内の食堂に行けなかったのが心残りです。



    仕事を無事に進めて、次回も出張ができるよう、がんばります。





    神楽面の職人 柿田勝郎さん。柿田さんの着ている作業着はジャージ素材。よく見ると擦り切れていたり塗料がついていたり。はじめは、時代劇みたいだなぁ。と見ていたのですが、考えてみたら、作業とプレゼンの仕事を両立するためには、ジャージー素材のこの形式が一番、理にかなっている。なるほど、納得。







    和紙に柿渋か?木彫のような素材感。でも和紙だから軽い。







    こんな怖いのも、おりました。







    おそるおそる扉を引いた「やきとり でん助」にて。田村さんとママさん、かっこよかったな。浜田駅前商店街の2階にあります。







    今回、和紙を中心に案内してくださったのは いわみ福祉会の佐々木満さんと伊藤康さん。伝統工芸について、障害のある人が働くという事について。私のうるさい質問にお付き合いくださってありがとうございました。







    お土産。クリスマスリースみたいな輪っかと弓は、神楽の道具です。今年の我が家の12月は、これを飾ります。

    和紙の原料は、「こうぞ」という木の皮なんです。私も知りませんでした。。。

     

    コメント
    コメントする