aemono

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

コンセプトは後付けだって、いいのではないか。

2016.10.28 Friday

0

    昨日、ミネルバの宮本茂紀さんから携帯電話にご連絡をいただきました。

    「じんさん、今、大丈夫ですか?」

    そこから始まる宮本さんのお話はいつも結構、早口。

    私も思い当たるのです、早口。

    東京の家具屋は、分業制で成り立っているから、段取りが命。

    先を見越して、方々に手配をかける必要があって、だからいきおい、勢いづく。それが宮本さんのあの早口。パワーの源なのかな。

    「13歳から住み込みだよ。うふふ。」と笑う宮本さんは、今年で67年目の家具職人。

    そんなチャーミングな宮本さんと、世界各地で活躍される建築家・西沢立衛さんがソファーを作ったら、面白いんじゃないか。

    そんな風に思いついたのです。



    10ヶ月ほど前。クリスマスの頃。



    漠然と走り出してしまった、ソファ開発。



    コンセプトは後付けだって、いいのでは?



    と、ずっと思っていました。なぜなら、家具を、建築を、必死で考えてきたお二人と、現状のものづくり産業に危機感を感じている私が、

    リラックスして真面目に話をしながら、プロセスを踏んで家具を作ったら、それは、いいものになるに決まってる。そう、思うからです。



    あまりに高額なものにならないように留意すること。

    信頼している身近な人の意見を反映する事。



    このふたつのルールを守り立つ、、、



    まだ明確なコンセプトは見つかっていません。(さすがに、ちょっと焦ってきました)





    写真は、夏に西沢事務所で撮影したもの。

    左が建築家・西沢立衛さん、所員の徳野由美子さん、東出優子さん、松井元靖さん。そして、家具職人 宮本茂紀さん。



    みんなでミネルバ・五反田製作所の工場見学へ行った時。

    真ん中にいる男性が、現在のミネルバ・五反田製作所 代表の宮本茂さん。宮本茂紀さんの息子さんが茂さん。お名前がそっくり。

    コメント
    コメントする