aemono

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

東京の木で作った収納箱「A BOX」産直イベントのご報告。

2019.02.28 Thursday

0

     

    先週末は、東京・檜原村の木で作った収納箱「A BOX」の産直イベントを弊社SOLOにて行いました。

     

     

     

     

    ウエルカムドリンクは、

     

     

    檜原村産の柚子を漬け込んで作ったサワー。

     

     料理の素材も、ほぼ檜原村産!

     地元の小麦で作ったクラッカーと舞茸ディップが特に美味しかったなぁ。(プレート左上)

     

    料理担当の社本真里さんは、建築設計事務所のスタッフだったそう。

    東京チェンソーズ代表・青木さんの家を担当した事がきっかけで、檜原村にどっぷり!

    なんと、檜原村に小屋を建てて、そこに住んで働いているそう....

     

     

     

    東京チェンソーズの青木亮輔さんからは、スギ・サワラ・ヒノキ それぞれの個性を解説。

     

     

    樹種による香りの違いも楽しんでいただきました。

     

    A BOXデザイナーの真喜志奈美さんは、なんでもない箱だからこそ広がる可能性について。

     

     

     

    収育指導士の鶴岡学さんからは、必要なものを厳選するサポートにA BOXはなるだろうと。

    いつでもモノが買え、増えてしまう時代だからこそ。

     

    インテリアデザイナー堀井恵美子さんからはオフィス計画で今、求められている事。

    A BOX のコミュニティーで解決できる事について具体的なご提案を。

     

     

    マーケティングが専門の産業能率大学 総合研究所教授 安達隆男さんからは、厳しくもあたたかいご助言を。

     

     

     

    東京で養蜂家として活動している金子裕輝さんからは、はちみつとA BOXの生産環境について。

     

     

     

    宇都宮大学地域デザイン科学部 准教授  安森亮雄さんからは、地域産材を活用したの取組事例など。

     

     

     

    aemonoのWEBを制作くださり、きめ細やかなサポートをしてくださる宇津裕子さん、伊藤洋文さん、小圷弘之さん(株式会社ランドマーク)からは、弊社がプロジェクトを継続的に伝える方法について。

     

     

    いろんな立場の人からたくさんのご意見をいただきました。

     

    日頃お世話になっている方、はじめましての方に、

    A BOX を介して山間地域を身近に感じていただく機会をつくる事ができ、嬉しく思います。

     

    こんな風に、すこしづつ「地域の木の使い方を創造するコミュニティ」が育っていきますように。

     

    生産と消費、過疎地域が抱える問題。すぐには解決できない事ですが、

    それでも、こうして対話を重ねるなかで見えてくる光があると思っています。

     

     

    ご報告でした。

     

     

     

    コメント
    コメントする