aemono

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

地域の木を使って新たな価値を産む議論・金沢→東京→珠洲。

2019.04.15 Monday

0

     

    金沢の鍋谷秀典さん(石川県産材活性化PJ代表・株式会社 鍋谷木材 代表)より、以下助言をいただきました。

     

     

     

     

    SOLO神様

     

    御世話になっております

     

    2x4材(SPF材)はホームセンターなどでも取り扱いしている安価な外材ですので

    2x4材と地域材とを比較すると単価にしてもイメージにしてもあまり良くないのではないかと思います。

     

    地域材を製材できるところにオリジナリティが出せると思うので

    既製品にはない寸法にすることでそのサイズの意味とか

    そこでしか買えないものになるのではないかと思いますがいかがでしょうか?

     

    鍋谷

     

     

     

    鍋谷さん

    なるほどです。

    既製品には無い寸法で、

    そこでしか買えない材料。

    確かに魅力的ですね。

    何か新出製材、もしくは、珠洲らしい寸法体系ですと、

    物語としても、伝えたくなっちゃいますものね。

     

    うーん、何かないですかね..

    例えば、キリコに使われている、どこかの部材と同寸法とか?

    ここは、新出さんのご意見も伺いたいですね!

     

    神   梓

     

     

     

    以下 新出製材所・新出さんより

    おはようございます。直ぐに2×4材にする訳ではありません。最初に取れる角材に粗挽き製材し、角材をさんずみして、二度挽きの段階で目的の寸法に仕上げていきます。今出て来ている材は主に4寸角、三寸五分角材、三寸角材で粗挽きしています。残りの辺材で貫が二枚くらいとれています。

    主に出てきている材の末口が18〜15僂両径木がほとんどです。そんな感じで最初の工程の製材をしております。

     

     

     

     

     

    そうですね!

    東京で日常的に家具を作る仕事をしてると、納期が短い仕事が多いもので、ついつい急いで色んな事を決めたくなってしまいますが、今回の仕事の舞台は珠洲!珠洲時間にあわせて、思案もイメージも煮詰めていったら良いですね。

     

     

    週末には家族で神奈川県川崎市の日本民家園へ行ってきました。

    そこで、sawmill coffeの参考になりそうな、面白いものを発見しましたよ。

     

     

    炭でお茶を焙煎するための道具。

     

    船頭さんの小屋。

     

     

     

    新出さん、

    ご参考までに送りします。

     

     

     

    コメント
    コメントする