aemono

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

山と海、人をつなぐメディアとしてテーブルを。奥能登国際芸術祭公募へ挑戦。

2019.11.01 Friday

0

    aemono プロジェクトリーダーの神 梓です。

    すっかりブログをご無沙汰しておりました。スミマセン。

     

    今週は、奥能登国際芸術祭へ公募案を提出しました。

    わたしたちの案は「下見板(したみいた)」を使ったテーブルです。

     

     

    珠洲の街のあちこちで使われている下見板。

     

     

    街の風景を作り出しています。

     

     

     

    昔は、地域の木を地域で使うサイクルが上手く回っていたのですが、

    最近は、建築サイクルの短縮化などの影響で、地域の木が使われる事が減っています。

     

     

     

    そのため、木を板に加工して街へ届けていた製材所は、人々との繋がりが薄らいでいます。

    珠洲の木が使われなければ、山は荒れ、山に繋がる、川、海、里山の豊さが損なわれます。

     

     

     

    この状況を何か少しでも明るい方向へむける方法はないものかと、

    私たちが考えた案は.....

     

     

    製材所の外壁材を取り外し「テーブル」として再構成してはどうか。

     

     

    「テーブル」が山と海、人をつなぐメディアとなり、対話の場が生まれる事で、

    身の回りの資源へのアクセシビリティを改善し、

    珠洲の環境を守るサイクルに人々が目を向ける機会にできるのではないか。

     

     

     

    展示会場となる新出製材所の中には、下見板と地元の珪藻土で作ったスクリーンを吊り下げ、

     

     

    この地で長く製材業を営む親爺さんの話を上映できたらいいのでは。

     

     

     

     

     

    映像制作は、アメリカで映画を学び、2009年に珠洲に移住した今井豊さんが担当して。

     

     

    テーブルの製作は、新出製材の新出利幸さんが担当して。

     

     

     

     

    .....うーん、審査結果の発表は12月。

    どうなるかな、たのしみ。

     

    久々のブログでのご報告でした。

     

    コメント
    コメントする