aemono

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

木をきっかけに小さな旅を。東京の田舎・檜原村へ。

2019.11.29 Friday

0

     

    こんにちは。

    aemono projrect リーダー兼(有)SOLO 製作管理担当の神 梓です。

     

    おととい、東京の田舎・檜原村へ行ってきました。

    楽しかったのでご報告を。

     

     

     

    新宿からバスで70分、路線バスに乗り継いで30分。

     

     

     

    廃校となった小学校に地元の木でつくる「おもちゃ工房」が出来たのです。

    村が工房を作り、木こり集団「東京チェンソーズ」が管理運営を担当。

     

    aemono projectの商品「A BOX」の生産販売元である東京チェンソーズさんに誘われて

    お披露目会に参加しました。

     

     

    2016年にA BOXを開発する際、

    「地元の木で、なんでもない汎用性の高い箱を作ったら、これから地元の役に立つのでは?」

    と、デザイナー真喜志奈美さんと話していた事が現実となっていて、とても嬉しく思いました。

     

     

    A BOXは、これからも地元の人の頑張りを受け入れる

    「おおらかで、なんでもない箱」として、のびのび育っていってほしいなぁ。

     

     

     

    それにしても、木を伐採する人たちが、製品への加工・販売までするなんて、本当に面白い.....

     

     

     

    (なんでもない箱だけに、そのひとの持つ想像力で、いろんな事に使えるのです。)

     

     

     

    現場(山)の中では足袋をはいて仕事をする吉田さんは素材営業係。

    アメリカ育ちなので外国人対応もバッチリ。

     

     

    代表の青木さんからは「木をめぐる旅」の提案。納得。

     

     

     

    2人目の産休から復帰した飯塚さんのスムーズな司会進行に脱帽。

    面白くてためになる、素晴らしい会でした!

     

     

     

     

    会が終わり「他にも檜原村には、面白いところが色々あるよ!」と神坂さんが連れて行ってくださったのが、ここ。

     

    檜原村の木から抽出したエッセンシャルオイルを開発研究しているウッドボックス 吉田光世さんの工房。

    2階で蚕をかうために作られた、この地域ならではの古民家。

    庭には樹皮を敷き詰めて.....(いいなぁ、この環境。憧れるなぁ、ぶつぶつ....)

    (実は、吉田さんと私は大学の同期。彼女はグラフィック、私は建築専攻でした。)

     

     

    .....うーん、いろんなものが、ぐるぐる繋がる、楽しい旅のご報告でした。

     

    ぐるぐるぐる....

     

    次はいつ行こうかな。

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする