aemono

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

家具の社会性。なんでもない「台のような」テーブルを通して。

2019.12.09 Monday

0

    こんにちは。aemono プロジェクトリーダー兼(有)SOLO製作管理担当の 神 梓です。

     

    先日、有楽町にオープンしたマーケットへテーブルを納品しました。

     

     

    様々な人・アイディア・文化・食に出逢える多機能型市場 「micro FOOD & IDEA MARKET」

    https://yurakucho-micro.com/

     

    内装設計を担当されたのが、オンデザインパートーナーズ様

    http://www.ondesign.co.jp/

     

    一部の家具設計を担当されたのが、藤森泰司アトリエ様

    http://www.taiji-fujimori.com/ja/

     

     

    古いビルを改装した今っぽいワクワクする空間に、

     

    カフェテーブルとして、

     

    展示台として、

     

    スタンディングテーブルとして、

    いろんな風に使っていただけそうで良かったです。

     

     

    さて、ちょっと長くなってしまいますが、このテーブルの由来をご説明させてください。

     

    なんでもないように見えるこのテーブル。

     

    実は、天板が産業廃棄物で出来ているのです。

     

     

    群馬県の株式会社ナカダイという産業廃棄物処理工場に、毎週運ばれてくるパーティクルボードという素材。

     

     

    パーティクルボードは、木造家屋を解体して粉砕、チップにしたものを圧縮して板にしたもの。

    安価で加工性が良いので、システムキッチンの扉やオフィス家具の面材として使われています。

     

    そのパーティクルボードが株式会社ナカダイに、定期的に集まってきます。

    その廃棄されたパーティクルボードを使っているのです。

     

     

    なぜ、そんな素材を使っているのか?

     

     

    それは、日々の業務の中で感じていた「?」を

    2016年に家具デザイナーの藤森泰司さんと産廃事業者の中台澄之さんにぶつけた事がきっかけです。

     

     

    私は、大学を卒業してすぐの2000年から今現在も、特注家具の製作管理を仕事としています。

    デザイナーや建築家と一緒に工法を考え、それを職人に伝え、スケジュール通りに完成させる仕事。

    たまに、既製品の中から商品をセレクトする仕事も。

    そのような事を20年近くやっています。

     

    特注の家具を作る場合、

    デザインは、大抵いまだに物そのもの働きとか、

    構造だとか、形態の意味だとか、コストだとか、そういったレベルでの検討ばかり。

     

    他方、既製品の中から家具をセレクトする場合は、

    ある家具はブルジョア用で、またある家具は庶民的であり、

    またある家具は、最新のテクノロジーを使っていると謳われ、

    カテゴライズされた世界があって、その中から選ぶ。

     

    そういうものに、ちょっと興味を失っていて.....

     

    そんな時に、社会性のある素材として「産業廃棄物」を使って

    なんでもない「台」または「台のようなテーブル」を作ったら、

    家具にもっと広範な社会性をもたせる事ができるのではないか?

     

    と。

     

     

    そんな話あいの結果、2017年に生まれたテーブルが商品「OVERRIDE」

     

    https://aemono-shop.com/?pid=138052823

     

     

    これを元に今回、有楽町「micro FOOD & IDEA MARKET」に合わせて、藤森泰司アトリエさんがデザインしたのがこのテーブル。

     

     

    群馬のナカダイに集まった産廃からテーブルを作るのだからと、

    製作チームは、すべてナカダイから近い工場で構成しています。

     

     

    スチール脚の製作は、株式会社アリギス

    http://www.arigis.co.jp/

    最先端の大型機械が揃っていて、精密なレーザーカット板金が得意。

    家具の仕事は、普段していないので、お互いの「ふつう」がちょっと違う。

    細かな確認を欠かさず進行しました。

     

     

     

     

     

    脚の塗装は、株式会社アイペイント

    https://ai-paint.jp/

    ネットで探して、電話とメールのやりとりだけで仕事を進行。

    これまでの経験値で決めていた塗装の種類についても

    改めて細かな事までアドバイスいただき、安心できました。

     

     

    天板として使える産業廃棄物を仕分したのは、株式会社ナカダイ

    http://www.nakadai.co.jp/

     

    素材保管・お届けは、株式会社モノファクトリー

    http://monofactory.nakadai.co.jp/

     

     

    カット・研磨・塗装・最終的な組み付けは、有限会社ハルナ工芸

     

    http://www.harunakougei.com/index.html

     

     

     

    全体の進行は、藤森泰司アトリエの担当スタッフ 石橋亜紀さん、モノファクトリーの大沼友美さんと。

     

     

    家具にもっと広範な社会性をもたせられないか?

     

    という問いへの答えは、まだ出せないけれど、

     

    家具の世界に閉じないで、いろんな業種の方々と、

    これからの社会へちょっとでも新しい提案をしていくのは、やっぱり楽しい。

     

    これからも続けていきたい!ご報告でした。

     

    追.

    microのランチは美味しくて、販売している商品も面白い!

    わたしは、 紅芋酢と本を自分へのお土産に買いました。

    ぜひ、遊びに行ってくださいませ。

     

    コメント
    コメントする