aemono

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

茅葺が「なりたがっている形」をみつけたい。

2020.03.21 Saturday

0

    こんにちは。aemono の 神 梓です。

     

     

    一昨日は、茅葺ソファの打ち合わせのために、西沢立衛建築設計事務所の皆さんがいらしてくださいました。

     

    まずは、重さの確認。......重い!!(約80キロあります)

     

     

    作りはいったい、どうなっているのか?

     

     

    針金を使って、茅を下地の合板に固定している、その厚み。

     

     

     

     

    基壇を外したら、どんな風になるのか....

     

     

    以下、西沢立衛さんのコメント

     

    ・線材が放射で立体になっているのが面白い

    ・柴犬のように、刈り込んで形が作られるって面白い

    ・生命的な面白さ

     

    ・茅の理にかなった作り方を、まずは、僕たちが理解したい

     

    ・合板の下地や基壇にのせる、という作り方ではなく、

    ・ルイスカーンは「レンガはアーチになるたがっている」と書いていたが

    ・「茅葺」は....?

    ・ウソをつかない透明性のある作り

    ・茅葺そのものがストラクチャーになっているものがいい

    ・昔からある作りとそんなに変わらないような作りがいいのかな?

    ・ウニのような...?

     

     

    ・ストラクチャーが崩れなくて、茅が抜けない固定方法

    ・寿命を延ばすには…?納品してすぐにボロボロにならない方法

     

     

    議題を茅葺職人、沖元太一さんに伝えたところ、以下の回答をいただきました。

     

    西沢さんから、面白いと言ってもらえたことは、とても嬉しいです(^^)。

    茅の理にかなった作り方と言うのは、今の作り方になると思います。

    強引なことはしないで、茅の部位の特性を見ながら、また長さを変えながら、それぞれを織り交ぜて、積み重ねて、あのような形が作られています。

    最後はどうしても押さえることが出来ないので、木工用ボンドを使っていますが。

     

    昔からある作り方と言うのは、竹や木の屋根下地(骨組み)があって、表面には見えないけど、それと茅を押えるもので、茅を挟み込んで積み重ねるのが、茅葺きです。

    このソファも同じ構造です。

    海外でも茅葺きの構造は変わらないので、竪穴式住居の時代から、おそらく根本的な葺き方は、変わっていないと思います。

    今回は、大きさと形の都合から、下地は合板になっています。

    「茅葺き」と言うとやはり「葺く」と言うことになります。

    「茅」と言うことであれば、束ねるとか、接着剤でくっつけるとか、方法はあると思います。

     

     

    例えば、ある程度の太さに束ねると、自立しますし、それを刈りこめば、丸くしたり出来ますが、目新しさはなく、強度や座り心地、どの様になるのか、分かりません。

    ただ、茅葺そのものがストラクチャーになっているものを作りたいと言うのは、可能性を求めていきたいと思います。

    そして、葺くことにこだわってみたいと思います。針金などは使うと思いますが、金物はリサイクル出来るので(^^)

     

    茅葺きの本質は、自然素材であることと、自然に還ることです。

    使われた後、素直に還って貰えるように作ります。

     

     

    〜ストラクチャーが崩れなくて、茅が抜けない固定方法〜

    茅が抜けないようにするには、ボンドで固定するしかないです。

    本来、茅葺屋根自体は、同じ構造なので、引っ張れば抜けます。

    茅葺屋根は、抜けるから補修が出来るとも言えるのですが。

     

     

    〜寿命を延ばすには…納品してすぐにボロボロにならない方法〜

    ぼろぼろになるのは、葉の部分と殻のような部分なので、軸の部分は、すぐにはぼろぼろにならないと思います。

    直すこと前提のものでは、ダメなのでしょうか…。

    自然の素材だから、ムラもあるし、今はみんな使い捨てだけど、手を掛けながら付き合って貰う、家具。

     

     

     

     

    う〜ん、確かに。

    自分たちで補修できるように、メンテナンス用の茅もひと束から買いやすいようにしておいたら、いいのかも。

    10年に1回なのか5年に1回なのか、わからないけれど、本格的に修理をする時には、茅葺職人がソファを使われて

    いるところに伺ったら良いのでは...?庭師に、庭の木の手入れを頼むように。

     

    抜け毛が多くて、手のかかるペットをかわいがるように、こういう家具をかわいがってくださる人もいるのではないかなぁ。

     

     

    .........

    作りの工夫を考えているうちに、発作的に家で使っているタワシを解体してしまいました。

     

     

    新しいの、買いにいかなきゃ....

     

     

    ご報告でした。

     

     

     

     

    コメント
    コメントする