aemono

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

A BOXを額縁にお使いいただいています。シンデレラフィットって言うんですね...!

2020.10.05 Monday

0

    こんにちは。aemono projectの神 梓です。

    A BOX 60 (モミの木)を購入くださったお客様より嬉しいメッセージをいただきました!

     

     

    instagram より↓

     

     

    myg00dr00m

    #ずっと作りたかったもの

    昨日、#aemono の#A_BOX が届いたので、ここ1年くらい温めていた構想を実現させてみた。

    以前に#FUNDAMENT の#大明駒 とフェルト将棋盤を購入していたが、指す相手がおらず(嫁さんは指せない)だったら本来の将棋を指す以外の使い方がないものかと模索していた。

    そこで見つけたのがA BOX 60。
    内寸を見たときに、フェルトの将棋盤とサイズがシンデレラフィットということに気づいてしまった。

    元々、木材の地産地消ということには興味があったし、最寄駅のベンチなんかも多摩産材を使っていたりする。
    この時に実は東京都もスギ材等のなかなかの量の産地であることも知り、小さい範囲ながら自分も消費側に回ることができないものかと思っていた。

    ここでの構想とは今の住まいに絵というものがなく、壁面が雑然としてしまっている現状を大明駒とA BOXを使って少しでもカッコ良くしたいというもの。

    そもそもA BOXは部材をスギ、ヒノキ、サワラ、モミの4種類から選べるところや高さ展開が3種類あり、重ねて使えたり、色々なものを収納したりディスプレイしたりできる汎用性の高さが魅力的なのだが、敢えて今回は重ねない使い方をしてみた。
     

     

     

     


     実は額縁をイメージして、届いて早々に縁だけを#渋墨 でケーシングした。が、いざ塗ってみたら塗らないほうが駒が映えることに気づき、やすりで渋墨を削るというミスをしてしまっている。
    (ガシガシやすったのだが、ミシリとも言わないA BOXの基本設計の良さを実感。)

     

     

    リノベ中ということもあり、ゆくゆくは壁に。とりあえずのところ木製キャビネットの上に置くことに。

     

     

     

     

    1