aemono

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

国内に200人。レアな職人、茅葺師。ソファの試作をお届けくださいました。

2020.03.03 Tuesday

0

     

    こんにちは。aemono プロジェクトリーダー兼(有)SOLO製作管理担当の 神 梓です。

     

     

     

    昨日は広島より、ソファの試作が届きました。

    デザイン担当:西沢立衛さんからの下記メッセージを元に仕上をして。

     

     

    神さま

    こんにちは西沢です。

    茅や藁でソファやベンチを作るのは賛成ですが、

    その場合は合板なしがよいと思います。

    茅の塊のようなものがよいのではないでしょうか。

    ではよろしくお願いします。

    西沢より

     

     

     

     

    おそるおそる座ってみると.....

    おや....?  ふしぎな感触。ちくちくしない。

     

    屋根をふく、茅や藁のような素材は色々あるそうなのですが、

    今回は「ススキ」を使いました。

    そう、お月見の時に飾る「ススキ」です。

    この「ススキ」が座ると僅かにしなって、ちょっと不思議な座り心地なのです。

     

     

    少し凹んだりもするのですが、

    ススキが凹みすぎたら、

     

    カラスと呼ばれるこの道具で引っ張り出して....

     

    この道具で、押して形を整える。

     

     

    「ガンギ」という道具。もちろん職人の手作り。

     

     

     

    ちょっと、メンテナンスの手間暇はかかるけれど...

    それも楽しんでお使いいただけるのでは?

     

     

    いろんな人に「茅葺の上で、ノビ〜!」を楽しんでいただけたらなぁ。

     

     

     

    今回わかった条件は以下です。

     

     

    デザイン上は、

    ・あまり小さなものはつくれない→W・Dともに800くらいは必要

    ・現場ジョイントでシームレスに作れるので、大きなものは作りやすい

     

     

    使用上は、

    ・屋根の下

     →今回、通常 屋根を施工する時とは、茅を逆に葺いています

      そのため、雨の逃げ場がなく、茅の内部に水が溜まってしまう可能性があります

     (通常の茅葺は、もちろん雨に強いです!)

     

    ・ススキの繊維が少し散らばる可能性があるので、半屋外のような空間が理想的?

    ・家と外の中間領域:土間のような...?

    ・レースやニットのスカートを着ている方は座らない方が良さそう

     

     

    製作上は、

    ・茅葺は、身近にある素材で作るものなので、国内で使う場合は国内の茅を使う。

    ・海外で使う場合は現地の素材を使って、現地で作る?

     

     

     

     

    沖元太一さま

     

    今回は大変お世話になります。

    建築にかかわる職人の中でも国内で200人しか存在しないという茅葺師。

    その、レアな職人技で面白い家具を作ってみたい!

    と思っています。ご面倒おかけしますが、どうぞよろしくお願い致します。

     

    神 梓

     

     

    ご報告は以上です。

     

     

     

     

    生産者の顔が見える!木のバーカウンター。呑むお酒はやっぱり美味しい。

    2020.02.28 Friday

    0

       

      こんにちは。aemono プロジェクトリーダー兼(有)SOLO製作管理担当の 神 梓です。

       

       

      先週は、呑みました。

      東京産モミの木で作ったバーカウンターを囲んで。

       

       

      aemono projectを一緒にやっている、東京チェンソーズさん・LUFTさん・イノウエインダストリィズさん達と。

       

       

       

      中央線 高円寺駅 北口を出て、徒歩1分。バー鳥渡(バーちょっと)。

       

       

       

      このカウンターは、バー鳥渡のオーナー広瀬勉さんと

      デザイナーの大河原慎史さんが山まで木を買いにいって作ったものです。

       

       

       

      東京都檜原村。

       

       

       

       

      この切り株!!これがまさに、カウンターになった木の切り株なのです。

       

      photo_広瀬勉

       

      photo_広瀬勉

       

       

      photo_広瀬勉

       

       

       

      何十年の時を経て、高円寺のバーカウンターとして使われているなんて

      木を植えた人も喜んでくださるのではないかなぁ。

       

      そのカウンターを囲んで、この木を伐採した東京チェンソーズの方々や仕事仲間を呑むお酒。

      やっぱり美味しかったなぁ。

       

       

       

      またやりましょう。ね、みなさま!

       

       

      茅ぶきでSOFAを作ってみたら、タワシみたいに!

      2020.01.29 Wednesday

      0

        こんにちは。aemono プロジェクトリーダー兼(有)SOLO製作管理担当の 神 梓です。

         

        今日は、茅ぶきソファの進捗をご報告します。

         

        広島の茅ぶき職人 沖元太一さんより届いた試作の写真。

         

         

        作っていくと、いろいろ解決していかないといけないところが出てきます。

        まだ試作段階なので、もっと良い作り方を考えてみます。

        土台部分や、もう少し小さく作ることが出来ないか、などなど。

         

        あと、やはり重い(^^;

        今の時点で、大人二人で持つのが精一杯な感じです。たぶん80kgくらいかな…。

        中の方にまだ茅を葺いていなくてその重さなので、完成品は、もっと重くなる。

         

        見たことのない茅葺きの形なので、笑ってしまいました(^^)

        たわしみたいだね(^^)

         

        沖元 太一

         

         

         

         

         

         

        ふだんは、建物の屋根をふいている沖元さんにソファを作っていただいたら、

         

         

        確かに、たわし!

         

        かわいいなぁ...

        なかなかのキワモノだけど。かわいいなぁ...

        ただ、実用を考えるとソファにするのは厳しそう。

        このままだと、どうやっても「ちくちくどんどんぼろぼろ」になりそう。

         

         

        という訳で、さっそく現実案を。

        →座面TOPを木の板やコルクにして、ベンチとしてはどうでしょう?

         

        平面的に自由な形のベンチ。

         

        アアルトのフラワーベースやSANAAのベンチのような形もできそう。

         

         

        デイベットもありうるかな。

         

         

        製作するには、900Φくらいの大きさが作りやすいそうです。

         

         

        「茅のベンチで待ち合わせ」は、平和で楽しそうだなぁ。

         

        ご報告でした。