aemono

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

ちくちくどんどんぼろぼろ?茅ぶき屋根でSOFAを作ったら。

2020.01.24 Friday

0

     

    こんにちは。aemono プロジェクトリーダー兼(有)SOLO製作管理担当の 神 梓です。

     

    本日は、滞っておりましたSOFA開発のご報告。

     

    毎度いきなりですが... 

     

    こんな茅ぶきでSOFAを作ったら、どうなるかなぁ、と思ったのです。

    2019年、年の瀬。

     

    茅ぶきのここ↑が好き。いつも密集した断面をまじまじと見てしまいます。

     

     

    デザイン担当の建築家 西沢立衛さんからは下記コメント。

     

    茅のソファは、面白いと思いました。

    また、ちくちくするだろうなと思いました。

    また、どんどんぼろぼろになっていくのでは、と心配しました。

    神さんがあげられた理由はどれもすべて同感です。

    可能かどうかとりあえず進めてみるのはおおいにありうると思います。

    ではどうぞよろしくお願いいたします。

    西沢立衛

     

     

     

    という事で、広島の茅ぶき職人:沖元太一さんにお話したところ、雨が降り現場に出られない日を利用して試作を作ってくだいました。

     

    試作1

     

    試作2

     

    試作3

     

    試作4

     

    試作5

     

     

     

    神さんへ

     

    今日、出来たところまでの写真を送ります。

     

    試行錯誤、迷い考えながらなので、なかなか時間が掛かって、もしかしたら、完成にはあと1日半か2日掛かるかも(^^;

    今回の大きさは、1,200×900个砲覆蠅泙后

     

    写真の試作4と試作5の中の空いたところも、茅で塞がる予定です。

    写真の真ん中あたりだけ、下に伸びているけど、全体的に、このくらいの厚みになります。

    一番下には、木で、これを支える台を作って、それにこれをのせます。

    茅の側面が300弌⊂しセットバックして、台の高さを100弌120个らいで考えてます。

    今回は四角だけど、この形であれば、角を丸くするなどは出来ます。

    また、構造を変えれば、形も変えることが出来ます。

     

    今回、茅を切って使うにあたって、有効に使おうとしたがために、苦労してしまった感もあります。

    仕上げれば、もう少しきれいな面になります。

     

    また時間を見つけて続きをするし、送った写真はまだ途中だけど、何かイメージしてもらえたら、幸いです(^^)

     

    沖元 太一

     

     

     

    ううっ、ありがたいなぁ。

    屋根が逆さまになって座面が出来ている!

     

    アルプスの少女ハイジではないけれど

    こんなSOFAに座ってみたいなぁ。

     

    実際にすわると、チクチクして痛いんだろうなぁ。

    眉間にシワを寄せる人もいっぱいいるんだろうなぁ。

     

    うーん、たのしみ。

    ご報告でした。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    検討事項をひとつ、ひとつ。

    2018.06.15 Friday

    0

      座ることのできる、硬くて、ひんやりした、アルミのゆがんだ鏡面

      それを、ソファと呼んでいいのか....

      イメージ上のソファ ?











      昨日は、芝浦の仮事務所に移転したばかりの西沢立衛建築設計事務所さんへお伺いしました。









      【以下議事録】



      〜アルミについて〜



      ・アルミ5ミリで作ったソファの部分モックアップは、素晴らしい

      ・しかし、小売店〜ディーラーを通して販売する定価設定にすると、自動車1台が買える金額になってしまう

      ・金額を下げる作り方はないものか

      ・上にクッションをのせずに、ベンチやスツールとしての可能性も要検討







      〜クッションについて〜

       







      ・上図のようなクッションに体を沈めてみたいという欲求は、いろいろな人の共感を呼ぶのではないか

      ・以前にも近い事にトライした経験があり、現実の難しさも知っている





      〜置き場所について〜

      ・建物ロビーなど、オープンに人が行き来できる場所か







      〜サイズについて〜





      西沢さんが、普段デザインをする建築は一点ものですが、

      ソファは、サイズオーダーを承りたい。

      お客さまの空間に無理なくぴったりとあうように。







      ・・・・検討事項は盛りだくさんですが、ひとつひとつ検証をすすめていきます。

      空間がより豊かになり、集う人のコミュニケーションが広がるソファとなりますように。

      羽毛とオーガンジー??

      2018.04.12 Thursday

      0

        サンコロナ小田に行ってみたら?





        ミネルバの宮本茂紀さんに言われて、





        行ってきました、今日。







        はじめまして。

        サンコロナ小田 株式会社 衣料事業本部

        衣料テキスタイル部  部長 廣瀬龍男さん(右)、営業担当 柏原恵介さん(左)



        サンコロナ小田さんは、オーガンジーの専門メーカーです。



        ミネルバの宮本茂紀さんと一緒に、ミラノサローネに出品するような特殊なソファの張地も開発しています。





        今回のソファ開発に使えそうなトピックスはありませんか。

        とご相談したところ、



        生地に金属を織り込んでいて、光の屈折で色が出る生地や、



        プリーツ加工により、強度が出て布そのものが構造体になりそうな生地をご紹介いただきました。









        西沢立衛建築設計事務所 西沢立衛さん、東出優子さん、



        ふとんの西川産業さんより、羽毛の枕とかけ布団も届いております。





        お忙しい中おそれいりますが、 30分ほど打ち合わせの時間を作っていただけませんか。検討事項ついて整理したいです。



        羽毛を担いで 辰巳まで走りますので、どうぞよろしくお願い致します。