aemono

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

2010年代後半。 今の気分:合板・活用例。

2018.04.03 Tuesday

0

    「この合板、捨てられないやろ....」





    弊社代表:大河原慎史(デザイナー・写真右)の一言からはじまった、



    【反った合板をそのまま建具として使うなんて....それは、禁じ手でしょう。本当にやっちゃうの?プロジェクト】







    ええ、本当にやりました。昨日。





    だって、建築家やデザイナーの無理めな依頼にも、柔軟にお応えするのが私の仕事ですから。





    こんな無理なお願い、古巣のイノウエインダストリィズに頼むしかないでしょう。

    という訳で、今村祐介さん、大変 お世話になりました。



    商品:BENCH2016も彼が作っています。





    文京区大塚にある加藤鉄工所・加藤清隆さんが作ってくださった【特注・吊りレール】もいい感じ。





    なんとか取付終了。







    合板が反っているから下のレールを擦ってしまって、動きは、かなり悪い。

    予想通りの出来。お客さまには施工できないけれど、自分たちで使う分には、





    まぁ いっか。





    プロジェクター投影・マグネットの貼付もできるホワイトボード。これで、いつでも勉強会や作戦会議ができます。





    反省点としましては、私が近所のホームセンターで買ってきた【壁紙用ボンド】が全く効かず、

    慌てて買い直しに行った点。シートを貼り付けする推奨品を買う手間を省いた事が災いしました。







    これから自分たちでスペースを作る皆さんへ

    【シートと接着剤】は取扱書を良く読んで、セットで同時に購入しちゃいましょう!





    イノウエインダストリィズ 今村祐介さん、

    昨日はありがとうございました。

    お昼ごはんを食べながら話していた、女子美・廊下用のBENCH2016の幕板の入れ方は下図ですよね?



    オリジナルよりも座板の奥行が広いので、真ん中に幕板1本だと強度が少し心配。

    それを解消するために幕板を2本入れたいと。





    女子美術大学  ヴィジュアルデザイン専攻  黒木麻衣さん、来海昌哉さん、



    上図の納まりで、4月17日(火)15時〜18時 にお届けします。

    よろしくお願い致します。



    余談ですが....

    商品化前に、特注で作っていた頃の納まりは下図です。



    目につくディティールを消すために、かなり手の込んだ作りをしていたのです。

    この美しさは間違いないですけれど、

    2010年代後半・今の気分では、ホワイトバーチ合板1枚で作るのが気持ちいいな。と思っています。







    BENCH2016 商品ページはこちら。http://blog.aemono-shop.com/aemono-project/aemono01/

    少しづつ手を入れて、古くて新しい「わたしたちの場所」を作っています。

    2018.03.26 Monday

    0

      引っ越しをして2ヶ月。

      気づくと、窓から見える桜が満開に。

      隣の神田明神も賑やかです。



      今日やっと、建具製作の段取りを終えました。



      事務所のいろんな困りごとを解決するであろう、この建具。





      実は、

      この建具の素材は、昨年夏にBENCH2016を展示した際、床に敷いた板。



      吊るためのレール類は、近所の鉄工所で作ってもらい、







      取付の時には、イノウエインダストリィズ・今村さんにいらしていただいて、作戦決行。







      う〜ん、うまくおさまるのか。

      こんなに反った板を、建具に使うなんて普段の仕事では、禁じ手ですが.....





      まぁ、自分たちで使うものですから。





      どうなることやら。楽しみです。









      ( いきなりで、すみません)

      建築家・坂本一成さんへ



      次回のaemono発表会は、この場所で行う予定です。



      この場所は、我々SOLOだけでなく、ちょうど自分たちの活動スペースを探していたNPOの方々とシェアをして使っています。





      (片腕で、椅子の組み立て作業をする倉澤奈津子さん=NPO法人 Mission ARM Japan代表)







      そのために、なるべく色んな用途に使えるように、



      やっぱり、「なんでもなくて、気持ちのいい場所」になるよう、整えています。





      ここで、またお話できる日を楽しみにしております。



      どうぞよろしくお願い致します。

      BENCH2016 使い方 〇匐〕僖戰鵐銑▲札鵐拭璽董璽屮

      2017.11.07 Tuesday

      0

        昨日は、BENCH2016を使っていらしゃる風景が届きました。

        ご購入くださったお客様から。

         

        以下、お客さまからのコメント。

         

        神様

         

         

        OOOOです。

         

         

        遅くなりましたが、写真をお送りします。

         

         

        ベンチとして使わないときはセンターテーブルとしても使えそうで、生活感溢れた写真でお恥ずかしいですが、、一応お送りします。

         

         

         

         

        生活感溢れた写真だなんて、とんでもない!

         

         

        お気に入りの道具を、一つずつ選んで毎日の生活を気持ちよく過ごせるように

         

         

        工夫を重ねている様子が伝わってくる写真。

         

         

         

         

        確かに。こんな風に部屋の壁際に置いたら、子供用のベンチ。

         

         

        ソファの前に置いたら、センターテーブル。

         

         

        ......................................

         

         

        坂本一成さん、堀和子さん、

         

         

        やはり質の良い素材を使って丁寧に作られた「なんでもない家具」は、

         

         

        使う人にとって、「こんな風に使ったらどうかな。こんな風にはどうかな。」

         

         

        と、想像力を刺激する存在になると思うのです。

         

         

        それに、使い勝手が良いから傷や汚れがついても、それが愛着となって長く使われるものになるように思うのです。

         

         

         

         

        (写真左が、デザイナーの坂本一成さん。右がライターの堀和子さん。)

         

         

        私も自宅を整えたくなってきました....

         

         

        まずは、ボロボロになっているソファクッションの張り替えを。

         

         

         

         

        ええ....医者の不養生ならぬ、家具屋の不養生。

         

         

         

         

        後日追記】

         

         

        神 梓 様

         

         

        暫くです。お元気そうでなによりです。

         

         

        インテリアにとけ込んでいる光景の写真、とても良いですね。

         

         

        長くお使い頂けるような気がして、嬉しく思いました。

         

         

        坂本一成