aemono

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

茅葺が「なりたがっている形」をみつけたい。

2020.03.21 Saturday

0

    こんにちは。aemono の 神 梓です。

     

     

    一昨日は、茅葺ソファの打ち合わせのために、西沢立衛建築設計事務所の皆さんがいらしてくださいました。

     

    まずは、重さの確認。......重い!!(約80キロあります)

     

     

    作りはいったい、どうなっているのか?

     

     

    針金を使って、茅を下地の合板に固定している、その厚み。

     

     

     

     

    基壇を外したら、どんな風になるのか....

     

     

    以下、西沢立衛さんのコメント

     

    ・線材が放射で立体になっているのが面白い

    ・柴犬のように、刈り込んで形が作られるって面白い

    ・生命的な面白さ

     

    ・茅の理にかなった作り方を、まずは、僕たちが理解したい

     

    ・合板の下地や基壇にのせる、という作り方ではなく、

    ・ルイスカーンは「レンガはアーチになるたがっている」と書いていたが

    ・「茅葺」は....?

    ・ウソをつかない透明性のある作り

    ・茅葺そのものがストラクチャーになっているものがいい

    ・昔からある作りとそんなに変わらないような作りがいいのかな?

    ・ウニのような...?

     

     

    ・ストラクチャーが崩れなくて、茅が抜けない固定方法

    ・寿命を延ばすには…?納品してすぐにボロボロにならない方法

     

     

    議題を茅葺職人、沖元太一さんに伝えたところ、以下の回答をいただきました。

     

    西沢さんから、面白いと言ってもらえたことは、とても嬉しいです(^^)。

    茅の理にかなった作り方と言うのは、今の作り方になると思います。

    強引なことはしないで、茅の部位の特性を見ながら、また長さを変えながら、それぞれを織り交ぜて、積み重ねて、あのような形が作られています。

    最後はどうしても押さえることが出来ないので、木工用ボンドを使っていますが。

     

    昔からある作り方と言うのは、竹や木の屋根下地(骨組み)があって、表面には見えないけど、それと茅を押えるもので、茅を挟み込んで積み重ねるのが、茅葺きです。

    このソファも同じ構造です。

    海外でも茅葺きの構造は変わらないので、竪穴式住居の時代から、おそらく根本的な葺き方は、変わっていないと思います。

    今回は、大きさと形の都合から、下地は合板になっています。

    「茅葺き」と言うとやはり「葺く」と言うことになります。

    「茅」と言うことであれば、束ねるとか、接着剤でくっつけるとか、方法はあると思います。

     

     

    例えば、ある程度の太さに束ねると、自立しますし、それを刈りこめば、丸くしたり出来ますが、目新しさはなく、強度や座り心地、どの様になるのか、分かりません。

    ただ、茅葺そのものがストラクチャーになっているものを作りたいと言うのは、可能性を求めていきたいと思います。

    そして、葺くことにこだわってみたいと思います。針金などは使うと思いますが、金物はリサイクル出来るので(^^)

     

    茅葺きの本質は、自然素材であることと、自然に還ることです。

    使われた後、素直に還って貰えるように作ります。

     

     

    〜ストラクチャーが崩れなくて、茅が抜けない固定方法〜

    茅が抜けないようにするには、ボンドで固定するしかないです。

    本来、茅葺屋根自体は、同じ構造なので、引っ張れば抜けます。

    茅葺屋根は、抜けるから補修が出来るとも言えるのですが。

     

     

    〜寿命を延ばすには…納品してすぐにボロボロにならない方法〜

    ぼろぼろになるのは、葉の部分と殻のような部分なので、軸の部分は、すぐにはぼろぼろにならないと思います。

    直すこと前提のものでは、ダメなのでしょうか…。

    自然の素材だから、ムラもあるし、今はみんな使い捨てだけど、手を掛けながら付き合って貰う、家具。

     

     

     

     

    う〜ん、確かに。

    自分たちで補修できるように、メンテナンス用の茅もひと束から買いやすいようにしておいたら、いいのかも。

    10年に1回なのか5年に1回なのか、わからないけれど、本格的に修理をする時には、茅葺職人がソファを使われて

    いるところに伺ったら良いのでは...?庭師に、庭の木の手入れを頼むように。

     

    抜け毛が多くて、手のかかるペットをかわいがるように、こういう家具をかわいがってくださる人もいるのではないかなぁ。

     

     

    .........

    作りの工夫を考えているうちに、発作的に家で使っているタワシを解体してしまいました。

     

     

    新しいの、買いにいかなきゃ....

     

     

    ご報告でした。

     

     

     

     

    その時々で使い道を考えるのも楽しいですね「A BOX」

    2020.03.16 Monday

    0

      こんにちは。aemono プロジェクトリーダー兼(有)SOLO製作管理担当の 神 梓です。

       

      A BOXを産直イベントでご購入くださったお客さまから素敵な写真とメッセージをいただきました!

       

      リビングのソファ脇に、

      本棚兼サイドテーブルとして使わせていただいてます。

       

      シャープながらやさしく、

      シンプルながら存在感があり、

      我が家の空間の一員として、大切な役割を担っています。

       

      娘がもう少し大きくなったら

      おもちゃ箱やお道具箱として使うかもしれないし、

      私の仕事の書類入れになるかもしれません。

      どんな場面でもしっくり馴染んでくれるので、

      その時々で使い道を考えるのも楽しいですね。

       

      直接手にとって決めた樹種と木目なので、

      これからどんな風合いに変化していくかも楽しみです。

       

       

       

       

       

      東京・島しょ部をのぞくと唯一の村「檜原村」で、

       

       

      地元の木こり「東京チェンソーズ」が1本1本、丁寧に伐採した木。

       

      photo_つるおかゆうこ

       

       

      由来・背景も知って、選んでいただけたらと開催した産直イベントで、

       

      photo_つるおかゆうこ

       

       

      実物を見て選んでいただき、これから日常の中でいろいろな風に使っていただけるなんて、

      本当に嬉しい限りです。

       

       

       

      この時の製作は、あきる野市の小野木工製作所。

       

       

      いまは、天国にいっしゃる家具職人:小野幸夫さんも、喜んでくださるのではないかなぁ....

       

      ご報告でした!

       

      行き場に困っていた小物類や書類が程よく収まりスッキリ。特注A BOX!

      2020.03.06 Friday

      0

        こんにちは。aemono プロジェクトリーダー兼(有)SOLO製作管理担当の 神 梓です。

         

        今朝、特注A BOXをご購入くださったお客さまから素敵な写真が届きました!

         

         

         

        神 様

        お世話になっております。

        遅くなりましたが、先日無事商品を受け取りました。

        希望通りに仕上げていただき、感激しております。

         

        早速、リビングの一角にあるスタディカウンターに置きました。

        行き場に困っていた小物類や書類が程よく収まりスッキリしました。

         

        これから永く使っていくのが楽しみです。

        改めまして、この度は無理なご相談をお引き受けいただき本当にありがとうございました。

         

         

         

         

        ....う、うれしい...!

        こんな風に使っていただけるなんて。

        「スタディーカウンター」って、はじめて聞きしたけど、いいですね。

        毎日の生活の中で、気になった時に、サッと勉強できそう。

        自宅と事務所の大掃除をしたくなってきました。むずむず。

         

         

         

        さて、この特注A BOXの製作風景もご紹介させてください。

        木の産地は、東京・島しょ部をのぞくと唯一の村「檜原村」

         

        檜原村の森を整えている、木こり集団:東京チェンソーズが、A BOXを作っています。

         

         

         

         

        廃校になった小学校の敷地を利用して村が作った「おもちゃ工房」にて。

         

         

        今回メインで製作を担当したのは、大倉悠揮さん。

        大手家具メーカーに勤務していた経験を持ち、昨年10月より地域起こし協力隊として檜原村に赴任。
        東京チェンソーズの木工を担当。機械と治具を用いた加工が得意。

        今回のABOX特注製作においても専用の治具を製作しルーターという機械で仕口の加工を行いました。

         

         

         

         

         

        大倉悠揮さま

         

        丁寧なお仕事をありがとうございました。

        それぞれの方の生活に馴染む、自分にぴったりサイズの収納箱。

        自分の生活環境を整える事が、地域の森を整える事につながるA BOX、

        やっぱり気持ちいいです!

         

        手間暇ごめんどうをおかけしますが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

         

        神 梓

         

        以上、ご報告でした。