aemono

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

ユースフルになってまいりました。

2017.03.04 Saturday

0

    LUFT マキシさま





    ミニマムな要素で使い勝手よくバージョンアップしたディティール案をありがとうございます。



    組み付けの幅が12ミリピッチなので、OPEN高さを36か24にしたく。

    下図AかBどちらのおさまりがよろしいでしょう?



    加工としては、小さなノコギリを当てて、ゴシゴシするだけなのでそんなに難しくなさそう。きれいに納まるのでは。と思います。



    スタッキングすると、こんなふう。



    あら、いい感じ.....

    「useful box.」2nd試作を発注いたします。

    2017.03.04 Saturday

    0

      小野木工製作所 小野さま

      「useful box」2nd試作を発注いたします。



      現時点では、多摩産杉と石川県産黒杉との2種類で商品のリリースをしたいと考えております。



      これまで家具材としては「節付きの材」は敬遠されてきました。



      「ソリ」や「ネジレ」を怖れて。

      でも本当に、そんなに、こわがる必要があるのか?と、実は思っています。

      時間が経って、家具に隙間やガタつきが少しくらい生じたって、いいじゃないか。

      少々ガタがきたって、生まれも育ちも良い素材を丁寧に扱ってできた家具は、時間が経っても品がある。だから大切に使われていく。そう思うからです。



      あさっての月曜 3月6日着の予定で、小野木工さんに黒杉を送りました。石川県金沢市の鍋谷木材さんからの発送です。写真右が鍋谷さん(石川県 地域産材活性化プロジェクト・代表)

       


      鍋谷さんが背負っているリュックには夢がいっぱい詰まっています。(本人曰く)



      マキシさんからは、こちらのディティールでGOサインをいただきました。

      ・底板と側板の関係はゾロ

      ・桟の固定は、木工用ボンド+ピンタッカー



      製作図面はこちらです。



      パーツ図はこちらです。



      材は、運送の際に大きいと運送屋さんが運びにくいかな?と思ったので、こんな大きさで頼んでいます。useful box 2つ分の量です。



      小野さん、

      スタッキングした状態を見たいので、上記のboxを多摩産の杉、石川県産の杉で各1台ずつ、計2台の製作をお願いいたします。(図面は全てFAXしておきます)



      3月14日(火)14時〜小野木工さんでのマキシさん・桶田さんとのミーティングですが、aemonoプレス担当のデイリープレス竹形さんも参加します。商品に対する彼女の意見も伺ってみたいな。と考えての事です。

      どうぞよろしくお願いいたします。

      東京都多摩産の杉・石川県能登半島産の杉でuseful boxを作ってみては、どうかな。

      2017.02.27 Monday

      0

        先週木曜に、石川県能登半島の先っぽ珠洲市にある新出製作所さんにお電話しました。

        そうしたら、

        「ちょうど明日、東京に行きますので黒杉について詳しくご説明しますよ!」と。







        (という訳で、翌金曜日。)

        はじめまして。石川県 地域産材活性化プロジェクトメンバーの方々。

        左が鍋谷木材3代目・鍋谷秀典さん。真ん中が新出製材所4代目・新出利幸さん。右がWEB・冊子を制作している新小路の河由紀子さん。プロジェクトの事務所は金沢市寺中町にあるそうです。





        鍋谷さんは、黒杉を使ったお皿を商品開発・試行錯誤中。その残りをサンプルとして持ってきてくださいました。



        あれ。思ったより、黒く無い..... でも、ふだん見慣れた杉とは大分表情が違うな。



        鍋谷さん、新出さん、河さん、

        先日は、いきなり具体的な打ち合わせができて助かりました。無節である必要はありません。板のはじっこに節がこないように家具職人さんにトリミングしてもらって使います。

        「石川県能登産  黒杉KD材 節穴あり20t」お渡しした図面の量・とれる分を購入して、試作を作りたいです。お見積書をお送り下さい。

        また、「このくらいの発注量がまとまったら、この金額で出せますよ」という目安を教えていただけますか。家具製作工場さんとは、1度に作る量として20〜30 個くらいがちょうどいい量かな。とお話しています。







        東京都あきる野市草花 小野木工製作所 小野さんへ



        【無理なくリアルに想像できて、かつ、仕事として面白みがある目標】

        SOLOから小野木工製作所さんへ計30個を年数回、発注。

        内訳:東京都多摩地方の杉で15個。石川能登半島の杉で15個。



        小野さん、

        いかが思われますか。





        (前回コラムでもご紹介したこの写真右の人、気になります....)





        棒を振り回して遊んでいたのは、この人でした!新出製材所4代目・新出さん。



        木材の乾燥にはあまり適さないと言われている海ぞいの製材所が、どうして4代も続いているのか。今度お会いした時には、そんなお話を聞いてみたいです。