aemono

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

産業廃棄物を魅力的な素材として、 社会の中で循環させる。

2018.07.23 Monday

0

    暑い毎日が続きますが....



    あいかわらず産業廃棄物を素材として、

    社会の中で循環させる仕組みを考えています。



    今週は、お知らせが3つ。



    【その1】ディティール7月号「家具デザイナー 藤森泰司の仕事」が発売されています。



    プロローグでは、藤森さんが学生時代に家具にのめり込んだきっかけや、"問いのかたち"そのものを具現化することに意味を見出していた2002年頃の話、



    現在は、"道具であること"を常に考え、でもそれにとらわれすぎているのではないか?とも考えてしまうという話などが書かれています。







    (家具にのめり込んでしまっている一人として、とても共感しました....)







    本の中では、aemonoの商品であるOVERRIDEも紹介されています。













    【その2】法人様限定。板だけの販売をスタート!



    産業廃棄物を使用して作ったテーブル:OVERRIDEのトップとして使っている板です。





    ほんとうは、個人の方へも1枚ずつ販売したいのですが、

    まだ体制を整える事ができなくて....







    まずは、法人様限定の商品。



    名前は、NFP板(ナカダイ・フジモリ・パーティクルボード)

    ウレタン染色塗装。

    色は3色:白・黒・クリア。

    厚みは、18ミリ〜20ミリ。

    納期は、2〜3ヶ月。(時期によっては短縮可)

    サイズは、オーダーを承ります。







    群馬の産業廃棄物処理場:ナカダイに集まるパーティクルボードで製作します。



    最終処分場に持っていかれ、粉砕される運命のパーティクルボードを、

    「ちょっと、待って。」と100枚ずつ保管していただき、作っていきます。





    産業廃棄物なので、集まるサイズはマチマチ。

    そのためオーダーサイズによっては、1枚の板で作る事が出来ない場合があります。

    その場合は、板を丁寧にはぎ合わせて対応します。

    販売価格は、平米30,000円。設計価格もご用意しております。

    天板だけでなく、棚板としても活用いただけます。



    「こんな使い方はできるの?してみたい!」など、質問がございましたら担当:神(じん)までお気軽にお問い合わせ下さい。

    メール:aemono@blog.aemono-shop.com

    でんわ:03-6276-4023









    【その3】新商品:「額縁」の打ち合わせがスタート!



    写真を入れるか。アートを入れるか。ミラーにするか。

    日常生活で、無理なく使っていただけますように。



    パーティクルボードの、どの面を正面としてフレームとするか。

    内側に納まる透明の板は、ガラスにするか。アクリルにするか。

    その位置は、どこにするか。フレームの彫り込み深さはいくつにするか。







    強度を担保しながら、製作上の合理性も併せ持つ、美しい決め事。

    ディティールの検討。





    どんな図面が届くのか、やっぱりワクワク....







    3つのお知らせでした!

    ちっちゃな A BOX@ NOTO をちょっこりずつ。

    2018.07.11 Wednesday

    0

      今朝は、赤坂さん(石川県珠洲市の建具屋 兼 市議会議員)が打ち合わせにいらしてくださいました。



      新出製材所さんからのアテ・杉と、



      珠洲市建具組合(樋本建具店+赤坂建具工芸+田保建具店)さんの技術を用いて、



      マキシさんにデザインしていただく商品。





      赤坂さんのアイディアは、







      ホテルに置いてあるような、ティッシュケース!









      真喜志さんへ

      土曜日は、お電話をありがとうございました。

      今日、商品アイテムを決める事が出来ました。

      「ティッシュボックス」と、「ちっちゃな引き出し箱」のデザインをお願い致します。



      「ちっちゃな引き出し箱」の中に、「ティッシュボックス」も組み込む事は出来るでしょうか。



      接合箇所はすべて、東京産 A BOXと同じ 「組み継ぎ」でいきましょう。

      私たちの日常に無理なく入り込み、愛着を持って使っていく事の出来る箱となりますように。





      珠洲建具組合 樋本さん、赤坂さん、田保さんへ

      お披露目は、11月を目指しましょう。

      できるだけ、節や穴のある材も使ってください。その方が木の表情が豊かで、選ぶお客様も楽しいと思うからです。





      石川県地域産材活性化プロジェクト 鍋谷さん、新出さんへ

      人工乾燥機に入れた材を使いたいです。





      ちょっこりずつ、よろしくお願いします。

      (赤坂さんのマネ)

      検討事項をひとつ、ひとつ。

      2018.06.15 Friday

      0

        座ることのできる、硬くて、ひんやりした、アルミのゆがんだ鏡面

        それを、ソファと呼んでいいのか....

        イメージ上のソファ ?











        昨日は、芝浦の仮事務所に移転したばかりの西沢立衛建築設計事務所さんへお伺いしました。









        【以下議事録】



        〜アルミについて〜



        ・アルミ5ミリで作ったソファの部分モックアップは、素晴らしい

        ・しかし、小売店〜ディーラーを通して販売する定価設定にすると、自動車1台が買える金額になってしまう

        ・金額を下げる作り方はないものか

        ・上にクッションをのせずに、ベンチやスツールとしての可能性も要検討







        〜クッションについて〜

         







        ・上図のようなクッションに体を沈めてみたいという欲求は、いろいろな人の共感を呼ぶのではないか

        ・以前にも近い事にトライした経験があり、現実の難しさも知っている





        〜置き場所について〜

        ・建物ロビーなど、オープンに人が行き来できる場所か







        〜サイズについて〜





        西沢さんが、普段デザインをする建築は一点ものですが、

        ソファは、サイズオーダーを承りたい。

        お客さまの空間に無理なくぴったりとあうように。







        ・・・・検討事項は盛りだくさんですが、ひとつひとつ検証をすすめていきます。

        空間がより豊かになり、集う人のコミュニケーションが広がるソファとなりますように。