aemono

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

実現なるか。サプライチェーンマネジメント。

2016.11.16 Wednesday

0

    昨日、檜原村・田中林業15代目の 田中惣一さんとミーティングをしてきました。

    東京産の堅木(カタギ)が欲しくて。

    家具屋はカタギと呼びますが、一般的には広葉樹。

    田中さんのおじいさんが燃料用にと植えたカタギを今回、使わせていただく事にしました。マキシさんの椅子用には、樹齢30歳くらいの20センチ径のものが良かろうと。

    全て芯もちで使用。

    わりに細かい部分が気になってしまうので聞いてみました。

    「20センチ径って、どこを基準に?」

    田中さんのお答えは、

    「ジギワから120センチ上がったとこのケイ。キョウコウチョッケイ」

    =「地際から120センチ上がったとこの径。胸高直径」

    なるほど〜。面白い!山仕事の専門用語っていいですね。興味が湧きます。



    田中林業さんから原木を仕入れて、沖倉製材所さんで製材していただき、都内の家具工場で製作していただいたら、オールメイドイン・トーキョーの椅子ができます。




    実現なるか!? 小さく顔が見える距離でのサプライチェーンマネジメント。





    田中惣一さんは、地元・檜原小のご出身。檜原小は現在、田中さんが通っていたころの4分の1の児童数。数は少なくてもきっと元気だろうなぁ、檜原小のこども達。







    田中さんは、世田谷区にある東京農大で林業を勉強。小学校方から大学までバレーボール部。確かに、スパイク決めそう。。。







    こんなお家で育ったなんて、うらやましい。







    ここで、イベントなどをするのかな。

     

    沖縄で家具を作る。東京で家具を作る。その次は。。。

    2016.10.22 Saturday

    0

      真喜志奈美というデザイナーがいます。

      マキシナミ。苗字がマキシさんで名前がナミさん。

      沖縄で生まれて、東京とベルリンの美術大学でデザインと彫刻を勉強して、ベルリン・ソウル・東京を中心にお仕事をしています。

      わたしは、マキシさんの作るアノニマスでストイックな家具に憧れています。

      単にシンプルなのとは違う。マキシさんならではのフォルムに対する美意識。ほんの少しの差異。

      このプロジェクトをスタートした頃に、マキシさんがご自身で開発を進めていた「沖縄の木を使って沖縄の職人さんに作ってもらう椅子」のお話を聞きました。



      「aemono projectの商品も、それがいいかな。」

      と、青山のカフェで2人、あっさり開発内容決定。



      沖縄ではこれまで家具の材料は他県から仕入れていました。



      「そこに生えている沖縄の木を使って、家具を作れないか。」



      そこまで原始的にマキシさんが考えたかはわかりませんが、



      私はそれを「地産地消のスモールビジネス」として捉え、東京の木・職人さんとも一緒に作って売ってみたい。そう、マキシさんにお願いしてみたのです。商品家具の製作・開発を沖縄の職人さんやマキシさん方だけでやるよりも、東京の職人や製材所の意見も取り入れた方が、商品としての強度も増すと思いますし。。。



      マキシさん、もちろん あっさり OK.



      沖縄では、家具職人さんが一人で製作します。彼の他のお仕事との兼ね合いもあるので、製作する台数は、ひと月 5台くらいを予定しております。

      さて、これから、東京の森のどんな人とお仕事をご一緒していくのか楽しみです。

      ワクワク。

      写真は、沖縄のオフィスで働く真喜志奈美さんと桶田千夏子さん。座っている人がマキシさんです。

      もうひとり、東京・月島で働く竹島(溝口)智子さんとの3人でLUFTというデザインチームは活動しています。バラバラだったり、一緒だったり、素敵な距離感で協働する3人です。